2018年10月29日更新

インテリア(壁/床)

部屋の印象を大きく変える!壁の種類とその効果

部屋は床、壁、天井で構成されていますが、その中でも比較的リフォームしやすいのが壁ではないでしょうか。壁は部屋の面積の中で大きな割合をもつため、壁を変えることで部屋の印象は劇的に変化します。家の壁を見直してみませんか。


壁紙

一言で「壁紙」といっても、文字が書ける黒板タイプ、布製、柄プリントなど、さまざまな壁紙の種類があり、最近ではDIYできるように、あらかじめ糊がついているものもあります。

レンガを張るとコストも手間もかかりますが、レンガ柄の壁紙を張ることで、比較的安価にレンガの趣を演出できたり、壁の一面だけをカラー壁紙にしたりするだけで個性豊かな空間をつくることができます。

> この住宅のすべての情報を見る

塗装壁

塗装壁の一番のメリットは、自分の好きな色を細かく調整できること。比較的安価であるため、塗り直しも簡単にでき、気軽にイメージを変えることができます。

また、最近人気のセメントを含む左官材料のモールテックス。
水に強いので水回りにも施工できるだけでなく、さまざまな表情を出すことが可能なため、今後大注目の壁材料です。講習会なども各地で開催されているので、一度体験してみてもいいかもしれません。

> この住宅のすべての情報を見る

木壁

床だけでなく、壁にも木材を取り入れてはどうでしょう。
四季がある日本で、古くから木材が家屋に用いられてきたのは、調湿効果が期待できる素材だったから。なによりも温かみがあり経年変化が楽しみな素材で、北欧風の家具とも相性抜群です。

また、強度もあるため、棚をつけたりするにも下地が必要なく便利です。
安価な杉板やシナベニヤから高価なヒノキまで種類は多彩で、木によってさまざまな表情が出せるのも魅力です。

> この住宅のすべての情報を見る

コンクリート壁

コンクリート打ちっぱなしというと、モダンでおしゃれな印象。

スタイリッシュな家具や、流行のインダストリアルデザインを用いた家具などと相性がよく、特に男性に人気です。防音効果もあるので楽器を演奏する方にも向いているでしょう。

ただ冷たい印象や、断熱性の問題があり、壁の一部をコンクリート打ちっぱなしにし、他の壁を木や壁紙を用いる家も近年増えてきています。

> この住宅のすべての情報を見る

タイル壁

マンションなど気密性のよい住宅では冬は暖かい反面、梅雨時期はどうしても湿気がこもりがち。そういったなかで、ここ10数年で急激に需要が伸びているのが、機能性タイルです。

機能性タイルとは、主に吸湿機能、脱臭機能に優れているものをいい、窓際の結露を防いだり、部屋にこもった臭いを除去してくれます。機能性はもちろんのこと、色やデザインのバリエーションも豊富。
ただ施工面積により効果が異なるので、施工業者にあらかじめ相談が必要です。

> この住宅のすべての情報を見る

腰壁

腰壁とは、腰から下の部分に違う素材を張った壁のことをいいます。

材料としては、木材や壁紙が一般的。以前は傷防止のために取り入れられることが多かったのですが、最近は意匠的な効果を目的として腰壁を取り入れる家が増えてきました。

> この住宅のすべての情報を見る

ここであげた事例以外にも壁には多くの種類があります。壁の種類と効果を知ったうえで、ぜひ自分の家にあった壁を探してみてください。きっと大きく部屋の印象を変えてくれることでしょう!

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

mieさん

インテリアコーディネーター・キッチンスペシャリスト・福祉住環境コーディネーター
家具メーカー、マンションリフォーム、住宅メーカー、新築マンションのインテリアコーディネートなどインテリアに関する様々な仕事を経験してきました。
中学時代に「私の個室」というインテリア雑誌に魅せられ
将来インテリアコーディネーターとして活躍する夢をもち
それを今も持ち続けながら日々奮闘しています。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。