2014年08月29日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

部屋づくりのノウハウ-キッチンレイアウトの基本-

キッチンのレイアウトは家の間取りや各家庭のライフスタイルによって決まってきます。
調理に専念したい、キッチンを見られたくない場合は独立型のキッチン。家族と共に調理を楽しみたい場合はダイニングスペースと隣接したダイニングキッチン。キッチンを生活の中心として考えている場合はキッチン・リビング・ダイニングが一つの空間にあるリビングダイニングキッチンと、生活シーンによってキッチンのあり方は変わってきます。


【調理に専念したい人は】

キッチンが一つの部屋として独立したタイプのキッチン。
さりげなく掘りごたつの食事スペースがあり、ダイニングも兼ねています。

> この住宅のすべての情報を見る

壁面に向かって配置されたI型キッチン。
背面に大容量のパントリーと給湯・インターフォンの操作パネルが並び使いやすそうなキッチンです。

> この住宅のすべての情報を見る

【L型キッチンで動きやすいキッチン】

シンクとコンロの間の動線が短く、広い調理スペースが確保出来るレイアウトです。

> この住宅のすべての情報を見る

オープンなL型キッチン。
キッチン前方の立ち上がりが無いため、スッキリ広々。調理スペースも大きく取れます。

> この住宅のすべての情報を見る

片側が壁に接しているペニンシュラタイプのキッチン。
オープンで開放的なキッチンはLDKによく使われています。

> この住宅のすべての情報を見る

【LDKのどまんなかに!アイランド型キッチン】

LDKの真ん中にアイランドキッチンを置くことで、家族や友人とキッチンを囲みながら楽しいひとときが過ごせます。

> この住宅のすべての情報を見る

階段下をパントリーに利用したアイランドキッチン。
階段の前にキッチンを置くことで自然と家族との会話が生まれるレイアウトです。
また、階段下のデッドスペースをうまく利用したキッチンスペースになっています。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • サンフランシスコ調LDK
  • 落ち着くLDK空間
  • 土間テラスのある家の夕景
  • ダイニング・キッチン
  • ダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか