2014年10月28日更新

インテリア(家具)

家のカラーを左右する家具の賢い探し方

リフォーム・リノベーション、お引越しなど、家にまつわる事柄を行うと必然と気になってくる『家具』。
そんな家具は、どこで、どのような物を選んだら良いのか―――。そんなときにオススメの選び方を伝授させて頂きます。


1.色の選び方

家具類は、部屋の中でも目立つ存在となりえます。
ですので、まず一番に重視したいのは色目です。
好きなイメージを決めます。「ナチュラル」「モダン」「シック」など、色んなイメージがあります。
自分が好きな物を見つけるには、他の記事にも書いたようにたくさんのお部屋を見ることがオススメです。そのためには、ハウジングセンターなどのモデルルームに行ってみること、インテリア雑誌を見てみることです!

そしてテーマカラーを決めること。
これが難しければ、どの「家具」をポイントにするか、を決めます。
一般的に多いのは「ソファ」「TVボード」「ベッド」です。

ある程度の想像を膨らませた所で、方法1:建具(ドア、引き戸など)と家具の色をそろえる。方法2:建具を中和色にして家具を際立たせる。この2種のどちらかを採用して、次に進みましょう。

2.デザインの選び方

まず、色の選び方で方法1を選択した場合。
部屋にあう、使い勝手が良い、家具を選ぶのに様々な理由があると思います。
好きに選んでみましょう。
実際に収納するもの、配置するもの(家電)を考えながら、実用性で選んでしまいましょう。
家具の色が建具の色とあっているので(ブラウン系ならブラウン系統、白系なら白系統といったように)
基本的になにを選んでも、マッチします。

次に方法2を選択した場合。
部屋の主役と言って良いような家具を選びましょう。
デザイン性に富んだもの、スペシャルなカラーの家具。ソファやTVボード、ベッド、ダイニングテーブルなど、部屋の主役をまず選びます。それに合わせて、他の家具をえらんでいきます。
配置する位置、置物、カーペットなど、主役を引き立てるようなデザインの物が良いと思います。
たくさん主役が居ると、ごちゃごちゃした印象になるので気を付けましょう。。

″家具″と一概に言っても、全て買い揃えるでもなく、オーダー家具と言った選択も出来ます。
自身の家にぴったりのサイズや、TVや雑誌で見たようなデザイン。完全オリジナルなデザインなど、思い描くままの家具を手に入れることも出来ます。物によっては、購入する家具よりも値段が安くなることもありますので、具体的に「どのような家具が欲しいか」例えば、収納するものが決まっているのでこうしたい!や、旅行に行ったとき、あるいはTVで観たこんなデザインの物が欲しい!など忘れないようにメモ書きにしておき、リフォーム業者や家具屋さんに伝えてみるのも良いかと思います。

せっかくの家造りなので、妥協できる点、譲れない点、をはっきりさせて、素敵な家にしましょう。


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングルーム
  • 小さな森のアトリエ_LDK2
  • リビングルーム
  • リノベーション
  • ワインセラーのある階段下収納

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問