2016/12/10更新0like3740view崎村一加

『男前インテリア』を実現する3つのポイント

カフェ風インテリアやカリフォルニアスタイルなど、現在はさまざまなインテリアのテイストがあります。その中でも、ヴィンテージ感のある、ごつごつとした無骨なデザインの男前インテリアが男性だけでなく女性にも人気です。しかし、なかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか?今回はそんな男前インテリアに仕上げるための3つのポイントをご紹介したいと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

まずはソファで全体の印象をつくる

リビングにある一番大きな家具でお部屋の印象も変わってきます。レザーソファでアイアンフレームもしくは木肘などシンプルでありながら、存在感のあるデザインがおすすめです。
張りぐるみタイプでも色を合わせると木目にマッチして素敵ですね。
茶系やダーク系のレザーソファだけでなく、カーキ系のソファも素敵です。北欧風のインテリアからイメージを変えたい方にもおすすめですね。
ソファは買い替えられないという方には、落ち着いた色合いのソファカバーもおすすめです。飽きてきたら色を変えることができるのでお手軽です。

床の配色にこだわる

ウォールナットの濃い色目でアクセントをつけるとカッコよく仕上がります。
明るい色合いの床材でも、オークのメリハリのある木目などは落ち着いた雰囲気で素敵ですね。
ウォールナットに比べてお部屋が明るくなるのも特徴的です。
もちろん、賃貸住宅などで簡単には床材を変えることができない方には、ラグで印象を変えるのもおすすめです。アクセントカラーとして配色するのも良いですね。
アクセントカラーだけでなく、グレージュやモノトーンのラグなども落ち着いた印象で素敵です。
無骨なデザインのなかにも温かみが生まれおすすめです。

アイアンの家具を配置する

一枚板のテーブルにアイアンフレームの家具を配置すれば、男前インテリアの完成です。アイアンのフレームがシンプルながらも家具の存在感を出しています。
さらにこだわるなら、古いコンテナや流木のような古木材を家具に取り入れてみるのもいいですね。
リホープスタイル「Rustic」
インテリアってこだわりだすと楽しいですよね。インテリアの雰囲気が変わると性格まで変わる方もいると思います。きっかけは流行りかもしれませんが、賃貸だからと諦めずに、ぜひ自分好みのインテリアを実現するための参考にしてくださいね。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る