2015年08月31日更新

インテリア(ファブリック)

空間によって変わるラグの存在。~上手なラグの取り入れ方~

マンションなどで消音対策として活用したり、フローリングの床がキズ付くのを防止したり、保温効果もあるので床に敷いたりと色んな機能を発揮して私たちの生活に役立っているのがラグではないでしょうか。機能的でありながら、空間を華やかにしてくれる演出もしてくれる一面も持ち合わせています。その空間に求める「機能」が違えば、ラグの活用法は変わってきます。上手にラグを取り入れて活用してみませんか。


柔らかく受け入れる役割

玄関先のラグは、外から室内へ入る為に靴を脱いだ開放感のある足が踏み出す一歩を、柔らかく迎え入れてくれるように感じます。

> この住宅のすべての情報を見る

ゾーニング効果を発揮

リビングダイニングが広い間取りは、ラグがあることで曖昧な間仕切りとしてダイニングとリビングを分けているゾーニング効果をもたらせています。

> この住宅のすべての情報を見る

無機質な空間に柔らかさを調和

無骨なコンクリート壁に囲まれた部屋は、無機質で力強さを感じられますが、ラグの差し色が柔らかさを空間に持ち込み調和が生まれています。

> この住宅のすべての情報を見る

消音効果としての役割

ラグが消音対策としての役割を担ってくれるので、おもちゃで遊ぶにはラグの上がもってこいです。消音効果に加え、床の傷防止にもなりますね。

> この住宅のすべての情報を見る

ソファにもラグにも座るライフスタイルには

ソファに座るだけではなくラグに直接座るライフスタイルが多い方には、ソファやテーブルの下にラグを完全に敷きこめる大きなサイズのラグをお勧めします。

> この住宅のすべての情報を見る

家具を引き立ててくれる存在に

シックな印象が強いアンティーク家具ですが、ソファのアンティークな個性を華やかなラグが引き立ててくれる存在になっています。

> この住宅のすべての情報を見る

くつろぎをもたらす保温性

保温性に優れた面を持つラグは、ベッドルームにもお勧めです。ベッドから降りる際、足元にラグがある事で素足に感じるラグの感触はくつろぎをもたらせてくれます。

建築家:トミツカヒロユキ「『SIMA』〜大空間LDKを中心とした開放的な住まい〜」

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

最近お気に入りされた写真

  • デスクスペース2
  • リビングキッチン
  • 玄関から続く土間収納スペース
  • LDKインテリア
  • 好きな家具に囲まれた暮らし

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。