2017/02/21更新4like6401viewerito

いまさら聞けない!? 北欧インテリアの基本とコーディネートのコツ

すっきりしたイメージの北欧スタイルのインテリア。最近では家具量販店などでも手軽に手に入れることができます。しかしその手法やポイントを知らずに取り入れてみると、何だかちぐはぐな部屋に…という経験がある方も意外と多いはず。ここではそんな方のために、北欧インテリアの基本からコーディネートのコツまでを事例をもとにご紹介したいと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

そもそも北欧インテリアって?

北欧インテリアは、ノルウェーやスウェーデンなどのインテリアを見本にしています。その特徴としては、部屋の大枠(天井や床、壁など)は白や木の色を基調にしたシンプルな空間に、ファブリック(カーテンやクッションなど)やポスターでアクセントをきかせるのが基本です。

また、本場の家具においては余計な厚みや装飾をそぎ落とした洗練されたデザインが魅力です。本格的な北欧デザイナーの家具をインテリアに取り入れようと思うととても高価で手軽とは言えませんが、それらを模したデザインであれば、家具量販店で容易に手に入るため気軽にイメージチェンジを楽しむことができるでしょう。

シンプルな空間にアクセントをきかせて

こちらの事例ですが、ダイニングテーブルの大きな北欧柄のクロスにまず目が行くと思います。しかし他をよく見てみるとこのテーブルクロス以外は至ってシンプルですよね。これが北欧インテリアをコーディネートする際の重要なポイントの一つです。
こちらも大柄のファブリックをバックに北欧調の家具を配置することで、より家具を引き立たせています。さり気ないグリーンの小物使いも全体のバランスをうまくまとめています。
変わってこちらはファブリックでアクセントをつけるのではなく、正面の壁紙がアクセントとなっています。こうすることにより、今度は家具が際立ち、先ほどとはまた違うすっきりとした印象を与えてくれます。

実は和モダンとの相性も抜群

デザインの歴史が深い北欧の家具は、進化を遂げた和モダンインテリアとも実は相性抜群なんです。お互いに無駄をそぎ落としたデザイン性にどこか通ずるものがあるためか、喧嘩することなく自然に溶け込んでくれます。
こちらも部屋自体は和モダンですが、ソファやダイニングチェアは北欧調です。色彩も落ち着いていて大人の空間を演出してくれています。

床や建具の素材を事前に決めておく

住宅を建てる前段階から北欧風の仕上げを目指すのであれば、フローリング材や建具選びにまでこだわっておくのが理想です。あまり癖のないナチュラルな木目および色合いのものを選んでください。北欧インテリアが良く映えます。
こちらの床はヘリンボーン仕上げ。これだけで北欧のテイストがプラスされるため、シンプルな家具を合わせるだけで北欧インテリアが完成しそうです。
いかがでしたか。いまさら聞けないような北欧インテリアの基本と選び方のポイントが少しつかめたのではないでしょうか。さまざまな事例をご紹介しましたが、今のお家に気軽に取り入れてみるなら、最初にご紹介したファブリックや小物使いからチャレンジしてみてはいかがでしょうか。少しだけでも取り入れ方次第では十分素敵な北欧の空間が味わえるはずです。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る