2015年10月18日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

親子でわくわく!隠れ家的空間

隠れ家カフェなど「隠れ」空間はいつの時代でも人気ですよね。
一人だけの空間が確保できる小さな部屋やスペースは家に欲しいものです。
子供も机の下や部屋の隅など狭いスペースが大好き!
そんな隠れ家的な空間のある家を今回はピックアップしました。
事例をみるだけでもわくわくしてきます。


その部屋だけの階段

こちらの小さな書斎には、そこに行くためだけの階段があります。
この階段を上がれば一人だけのスペース。そんなわくわく感がこの場所にはありますよね。
閉鎖的すぎず、でも程よく距離を取れる最適な場所になっています。

サイ邸

好きなものに囲まれた暗い部屋

こちらは、ご主人の趣味の部屋を兼ねたクローゼットです。
横長の窓からは雑木林がみえ、心地よい風も感じられそうです。
自分の好きな服や趣味のものに囲まれた薄暗い部屋は心が落ち着くことでしょう。

『HDFの家』〜雑木林と語らう家〜

リビングに隠れ家

リビング内にロフトをつくって、その上も下も子供室に。
上の狭くて見えにくいロフトも、その下の個室も隠れ家的空間になっていますよね。
学校から帰宅して、食事までずっとこもっていられそうな空間ですが、子供が不在のときはこっそり母の個室としても使ってしまいそうです。

Ss-House

隠れ家的要素を散りばめて

リビングの両側上部にロフトがあります。1つはテラスがつながった少し開放的な空間。もう1つは簡易的な梯子で上る読書スペースのような空間。開放的なリビングからつながる階段は、上部になると少し暗くなり、隠れ家的な寝室につながっています。家全体に隠れ家的な空間が散りばめられ、いつでも楽しく過ごせそうです。

y house

階段の下に

左側の黒い手すりがついた階段の下に小さな空間があるのが見えるでしょうか?
こちらがキッズスペースになっています。階段下を収納などに活用している事例はたくさん見てきましたが、隠れ家的空間に使用するのも素敵ですね。
小窓から子供が覗く姿を想像するだけで、なんだかほっこりします。

庭と暮らす家

憧れの屋根裏

屋根裏部屋、一度は憧れたことがありませんか?傾斜のある壁が迫った狭い空間だからこそ、子供にとっては最高の隠れ家空間ですよね。こちらの家は屋根の一面をすべて窓にしており、屋根裏ながら明るい空間に。高くて狭い場所から開けた景色を眺めることで、より一層の隠れ家にいる実感が湧きそうです。

大屋根のいえ

隠れ家が2つある家

リビングにある2つの扉は、それぞれの書斎につながります。家族で過ごすリビングとは異なり、個別に書斎があるのも共に心地よく過ごすためには必要な空間なのかもしれません。
扉を開けば小さいながらも一人だけの隠れ家的小部屋。リビングにいる家族を感じながら、隠れ家的空間にいる心地よさは一人暮らしの時とは違う心象ですよね。

Y邸・昔懐かしい昭和時代のレトロな住まい


この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観-夜間1
  • 外観3
  • 外観テラス
  • LDK
  • 明るくて清潔感のあるトイレ

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問