2017/01/04更新0like10214viewvio

どうしてる?子供の勉強場所|リビング学習でも工夫がいっぱい!

小学校に入ると子供の勉強場所に悩みますよね。
子供部屋は自立を促すというけれど、部屋に入っちゃうとまったく様子がわからない。かと言ってリビング学習がいいからとダイニングテーブルを占領されると困っちゃう…。そんな方必見!ちゃんとコミュニケーションも取れて家事の邪魔にならないアイデア勉強スペースをご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

やっぱりリビング学習!

子供が小さいうちは、親の目の行き届くところで。
低学年のうちは、宿題でも親の丸付けやサインが必要な場合もありますよね。本当に小さなスペースでも専用の場所を用意すれば、ご飯の支度をしながら子供が宿題を終わらせるのを見届けることができます。

ダイニング脇の壁面に子供たちの勉強コーナーを設けて。
小さなデスクでも、あるとないとでは大違い。
用途が限られていないので、子供が使わなくなっても大人のワークスペースとして利用できます。

キッチンのすぐ近くに

いっそ、キッチンに繋がっている場所はいかがでしょう?
キッチンから出ることなく、子供たちの様子をみることができます。

キッチンカウンターと繋がったL字型のカウンターは子供たちが宿題を広げてもまだ余裕のある広々カウンターです。キッチンで作業をしながらでも宿題の質問に答えることができますよね。
こちらはキッチンの背面カウンターから続くスペースに子供が勉強できるコーナーを。
家族共有のワークスペースですが、これならご飯をつくりながらでも、子供の勉強をより近くで見てあげることができます。

家族共有の学習スペースをつくって

リビングではなく、家族共有のワークスペースを用意するのもいいですね。
親が本を読んだり仕事をしたりする姿を見て、子供たちも頑張るかもしれません。

こちらのお宅はまだお子さんが小さくご両親用とのことですが、将来的には子供が使うことを想定しているそうです。
スキップフロアのお宅では、こんな書斎スペースを設けることもできます。
キッチンや洗面室から様子が見える位置ですが、フロアが違うので集中して勉強できます。

仕切れる学習スペース

子供が少し大きくなったら、やはり子供部屋に学習机を置きたいものです。ただ、一人ずつ子供部屋を設けるのが難しい場合、勉強机を並べて配置してロールスクリーンなどで仕切れるようにすると場所をとりません。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る