2015年06月09日更新

おしゃれな部屋事例(子供部屋)

勉強ばかりじゃつまらない!仕掛けがいっぱいのキッズルーム

子どもにとっては、住宅も一つの公園のような遊び場です。
大人が(設計者や、両親)予期していなかったような場所でも面白さを発見し、遊び場にしてしまいます。狭い空間、暗い場所、高い場所、潜れる場所、挟まれる場所等々、体を使って大いに楽しむことができる場所、実は家の中にたくさんあります。
子どもは毎日発見、創作、実行を繰り返して、家をまるごと楽しみ、幼い頃の楽しい記憶を作っていっているのでしょう。
毎日が探検で面白い、子どもが嬉しい住宅をご紹介致します。


毎日が発見

家型に切り取られた壁、そのスキマからからこぼれる光。そこは居るだけで明るくて楽しい空間です。子どもそれぞれが思い思いの場所で過ごせる自由なプランニングです。吹抜けを見渡す家全体の風景は、毎日何か新しいことを発見させてくれるポテンシャルを持ったデザインです。子どもでなくても毎日がわくわくします。

KUY (子供部屋)

アクティブな毎日

よじ登って得られる秘密基地のような空間です。
いつもとは違う高い所からの見応えのある風景は、従来の家のスケール感を変えさせ、新たな魅力を見つけます。

ロフトでつながる大屋根の家 (ロフトで遊ぶ子どもたち)

それぞれの個性を

ロフトを設けながらも明るく気持ちの良い空間です。木材の良さを十分に生かし、子どもに提供することは親としても嬉しいことです。
それぞれ自身の趣味や個性で、この空間に花を添えていってくれることでしょう。

レンハウス

それはインテリアです

ちょっと危ないけれど、かなり楽しい仕掛け有りの住宅です。
まるでロッククライミングの練習のためと思うようなその仕掛けは、壁を飾るインテリアとしても好評です。また、子ども部屋にインナーバルコニーを設けることで光が拡散し、明るく清潔感のある空間に設えます。

積窓居 Show Window House (5階住居/フリースペース 4階とつなぐ吹き抜けと梯子)

子どもリビング

屋根裏を利用した子ども空間です。境界はなく、左右に対称的に展開します。中央部分の共有スペースにはテレビなどを置き、まるでリビングのように仕立てて、子供間にとっての公共性を日常に取込んでいます。

No.64 30代/4人暮らし (子ども部屋2)


この記事を書いた人

m_saさん

ユーザーだけでなく、街と呼応する建築に惹かれます。

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニング・キッチン2
  • 洗面室
  • リビングダイニング
  • LIVING
  • エントランスホール

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問