2017年02月07日更新

リノベーションHOW TO(リノベーション向き中古物件選び)

中古マンション内覧の前に知っておこう。天井の仕上げには2種類あります

中古物件を買ってリノベーションするときに、どういう物件を選べばよいのか。リノベーションで変えられるところと変えられないところについて、どうやって知ればよいのか。図面から物件を読むコツについて、解体現場の実例とともに解説していきます。今回は天井の仕上げについてご説明します。


こんにちは。東京・恵比寿にあるリノベーション会社のEcoDeco(エコデコ)です。この連載では、リノベーションを検討する方々へ向けて、「物件を読むコツ」について解説しています。

リノベーション・リフォーム会社 EcoDeco(エコデコ)

EcoDeco(エコデコ)

リノベーション・リフォーム会社 / @東京都

わたしたちは、中古マンションの仲介×リノベーションのパイオニアとして、中古マンションの仲介から資金計画、リノベーションにまつわるあらることをトータルにサポートすることを得意とした会社です。 EcoDecoのコーディネーターは、不動産探しから設計まで一貫して担当できる不動産と設計のプロチームです。 リノベーションを前提とした物件の内見では、建物の管理状況や周辺環境の良し悪しだけではなく、ご希望のリノベーションが実現できるかなどを総合的に判断しなければいけません。加えて、中古物件は一点物ですから、判断にスピード感が求められます。 EcoDeco では、不動産と設計の知識と経験を併せ持つスタッフが内見に同行しますので、水周りはどこまで動かせるか?この壁は壊せる?など、リノベーション後のイメージをその場でご提案できるのです。このスピード感と専門知識がEcoDeco の強みです。 リノベーションに関することは、何でもお気軽にご相談ください。

リノベーションにおける物件内見時のコツ、今回は「天井」です。

「直天井」と「二重天井」の違い

先日新たに工事がスタートした物件の解体後の現場に行ってきたのですが、解体後の表情って解体しないと分からないですよね。
でも、ちょっとした知識があると解体しなくても解体後の表情がなんとなくイメージできるので、それについて書きたいと思います。

まず、皆さんに知っておいてもらいたいコトは「天井の仕上げには2種類ある」というコト!!
それは「直天井」と「二重天井」と言われるものなのですが、何が違うのか!?
皆さんご存じでしょうか?

「直天井」とは、コンクリートの天井面に直にクロスを貼ったりして仕上げている状態のこと。

「二重天井」とは、コンクリートの天井面に天井組みをして、少し下げたところに仕上げ面を設けている状態のこと。
(天井組みはLGSと言われる軽量鉄骨組みや角材を使用した木組などがありますが、この骨組みにボードを貼って仕上げ面をつくり、電気線などを通す天井裏スペースを設けている状態です。)

下の現場画像を見てもらうと分かりやすいかと思います。

U様邸@等々力

U様邸@等々力

M様邸@小岩

M様邸@小岩

こんな感じですね。
リノベーションの場合、この二重天井を解体してスケルトン状態とすることで、天井裏
スペースがなくなり、その分天井高さがアップするということになるのです!

N様邸@清澄白河

N様邸@清澄白河

物件によって違いはありますが、約10cm〜15cmくらい高くなるケースが多いですね。
(“N様邸@清澄白河”の物件も天井をスケルトンにすることで14cmアップしました!)

ちょっと余談ですが、先ほどの画像中に「断熱材」と書きましたが、最上階の部屋の場合、上は屋上となりますので、天井を解体すると断熱材が出てくるケースがほとんどです。(外断熱している場合は別ですが。)

K様邸@南青山

K様邸@南青山

このような場合はスケルトンのままにすることは難しいので、解体後に新たに天井組みをして二重天井を新設する必要があります。
ですので、スケルトンで天井を高くしたい!!という方は最上階物件は避けた方がいいですよ。

和室を広々リビング空間にリノベ

では、ここからが本題です!
今回解体後の現場を見てきた物件ですが、もともとの状態(リノベ前)はリビングの横に和室がある物件だったのです。それをリノベーションで和室をなくして広々リビング空間にする計画です。

平面で説明すると、、、。

これが、、、。

こんな感じです。

リノベ前の室内の様子はこんな感じでした。
そして、ポイントは「リビング側は直天井」「和室は二重天井」ということです。

直天井の場合、先ほどの画像からも分かりますが、直接クロスを貼っているので面をフラットにするためにモルタルで薄塗りがされています。逆に、二重天井の場合は躯体の下に仕上げ面を設けるので、コンクリートはそのままです。

今回のプロジェクトの場合、この直天井のエリアと二重天井のエリアが1つの空間として
計画されたため、2つの異なる躯体天井面が出現し、混在するということになるのです。

解体後の様子はどうだったかと言いますと、、、。

こんな感じでした。
二重天井だったリビング側の画像なので、フラットな天井が見えますが、手前側はもともと二重天井の和室だったので、ちょっとザラザラした感じになってるのが分かるかと思います。

見上げてみると、、こんな感じなのです。

(接写した様子)

もともと2つの異なる空間だったという歴史が残っている状態ですね。
これもリノベの醍醐味!!
これをどう活かすか!というコトを考えるのもまた楽しいですね〜♪

実際にその空間にいるとそんなに違和感ないですが、気になるなぁ〜という方はこれもまたチェックポイントとして知っておいてもらえると良いのでは!?と思います。


専門家紹介サービス

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか