2016年06月14日

土地・物件探し

マンションの管理規約って重要?

中古マンションを購入してリノベーションしようと思います。管理規約のチェックポイントを教えて下さい。厳しいマンションではリノベーションの内容に制限(フローリングに出来ないなど)が出ると聞きましたが本当でしょうか?

175view

本当です。マンションによって住まいに対する考え方、制限の内容は異なります。
追い炊き禁止、土間禁止、フローリング禁止、コア抜き(エアコン用の穴あけ等)禁止、温水器からガス給湯器へ禁止など 計画通りできない制限もあります。事前の調整が重要です。

ブルースタジオ」からの回答

・共用部と専有部の区分(玄関ドアやサッシ、躯体の扱い等)
・フローリングにできるかできないか、もしくは遮音等級
・水廻りの移動ができるかどうか
・コンクリートの床や壁など躯体への穴あけができるかどうか。(エアコンや排気の穴開けなどが必要になることがあります)
制限があるマンションもありますが、管理組合に対して工事内容や性能の説明を行うことで、理解を得られる場合もありますので、ご相談ください。

EcoDeco(エコデコ)」からの回答

フローリングに変更することを禁止しているマンションもありますし、申請すれば窓サッシを交換できるマンションもあります。マンションによって決まり事は様々ですので、管理規約と使用細則に記載されている「修繕に関する事項」はチェックしていただきたいポイントですね。

株式会社エキップ」からの回答

カーペットしか張れないマンションもありますので、購入前に管理規約は確認した方が良いです。内覧の際にカーペット張りになっていれば、売主に何故か聞いてみても良いと思います。あと、管理規約ではフローリング以外に念のため専有部分と共有部分の区分詳細が書かれていれば確認を。

株式会社秀建 SHUKEN」からの回答

遮音等級やフローリングの施工ができるか?(フローリングが禁止されているマンションもあります)
工事申請期間
給湯器の位置(給湯器が外に出せないなど)

管理規約は防音等級の確認をされるとよろしいかと思います。

SUVACOアドバイザー」からの回答

フローリング不可、水まわりの移動不可、給湯設備の品番制約などのマンションがあります。管理規約の、修繕等に関する箇所に記載があることが多いので、必ず確認されることをおすすめします。
また規約に記載がない場合でも、既存の床がカーペット等の場合は管理組合で定められている場合もありますので管理会社へ聞き取りしたほうがよいかもしれません。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

土地・物件探しのQ&A

土地や中古物件を探すのは地元の不動産屋の方が良いの?

土地や中古物件を探す際は、やはり地元の不動産会社のほうが有利でしょうか?

新耐震基準導入前のマンションの耐震性を調べる方法って...

新耐震基準の導入以前に作られたマンションについて、新耐震基準に適合しているかを調べる...

団地を購入してリノベーションしたいのだけれど、注意点...

リノベーション前提で団地を購入する場合に注意する点を教えて下さい。素人が内見する際に...

物件を探す前にリノベーションプランって立てられるの?

希望のリノベーションプランを立ててから物件を探すことはできますか?

壁式構造のマンションや団地ってどうなの?

ずっと狙っていたエリアに中古マンションがでてきましたが、壁式構造なので自由に間取りが...