2016年06月14日

土地・物件探し

二重天井と二重床って何?

二重天井や二重床って何ですか?そうでないものは買わないほうがいいですか?

150view
EcoDeco(エコデコ)」からの回答

専有部内の天井や床のつくり方のことです。
二重天井/二重床は、コンクリートスラブに天井組み/床組をして、そこに天井面/床面を仕上げているつくり方です。それとは別にコンクリートスラブに直接仕上げ材を施すつくり方もあり、それを直天井/直床といいます。二重天井は裏スペースがあり、二重床は床下スペースがありますので、そこに電気の配線や給排水管を通すことになります。もともと直天井/直床だったお部屋を二重天井/二重床にする場合は、天井高が低くなりますが、できるだけ天井高を取れるようなご提案をしていますし、何かができなくなる、というわけではありません。

ブルースタジオ」からの回答

コンクリートの躯体と床材や天井材の間に、設備の配管や配線を通すためのスペースを設けている工法の名称です。二重天井・二重床ではないマンションを購入しても問題ありませんが、間取り変更や水廻りの移動を行う際に、配管や配線を通すため天井を低くする場合があります。

スラブから一定以上の空間を開けて内装仕上げ床や天井を組む工法です。
新規でリノベーションをする場合は、床上げをしますので、仕上げの天井高さが低くなります。

SUVACOアドバイザー」からの回答

二重天井は、天井裏がありその中に電気配線などがあるような作りのことで、二重天井でないものは躯体に直接クロス等が貼られています。二重床も同様に床下に空間がありそこへ配管をしている構造で、直床と言われるものはクッション性のあるフローリングやカーペットを直接躯体へ貼り付けている構造です。造りの問題で、それぞれ施工方法が異なるというだけなので、好みはあれどどちらが良いということはありません。

SUVACOアドバイザーに質問する

質問を送信

混み具合にもよりますが2営業日以内にご回答させていただきます

土地・物件探しのQ&A

新耐震基準導入前のマンションの耐震性を調べる方法って...

新耐震基準の導入以前に作られたマンションについて、新耐震基準に適合しているかを調べる...

旗竿地のリフォームって出来るの?

旗竿地の築40年の木造の中古物件を購入してリフォームしようと思いますが可能ですか?躯...

リノベーションに向いている間取り、向いていない間取り...

中古マンションの購入を考えています。リノベーションに向いている間取りと向いていない間...

中古戸建物件を買う時のチェックポイントって?

戸建物件を購入しリノベーションを考えています。戸建購入の際に、必ずチェックしておくべ...

土地や中古物件を探すのは地元の不動産屋の方が良いの?

土地や中古物件を探す際は、やはり地元の不動産会社のほうが有利でしょうか?