2014年12月19日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング)

リノベーションの醍醐味は梁のアクセント!部屋の個性を強調します

リノベーションをすると、新築では考えつかないような位置になってしまいがちな梁。
この梁が無ければ、もっと開放的な空間が出来上がったのに…なんて思いがちですが大間違いです。梁こそが部屋にアクセントをつけてくれますし、部屋をより個性的にしてくれるのです。
梁のアクセント無しでは殺風景としか思えない!そんな梁の存在感をご紹介いたします。


天井から降り注ぐライトの光が、梁に陰影をつけ、まるでその空間だけ時間がゆったりと動いているかのような部屋の落ち着きを演出してくれます。

碑文谷・時層の家

和室とのパーティションの上部が梁の形に合わせて段になっています。
この位置に梁が無ければ在りえなかったパーティションの形です。梁の存在感がパーティションと共に部屋のアクセントとなっています。

鶴見の家

化粧梁とペンダントライトが天井にぬくもりを感じさせてくれます。化粧梁によって天井にアクセントがつけられるのも、リノベーションならではです。

Sunny warm style

単調になりがちな天井を梁の個性で楽しさを演出しています。天井を見て楽しい!と思えるデザインができるのも、梁が持つ魅力のひとつです。

広々としたナチュラル&ヴィンテージな家(リノベーション)

化粧梁は存在感はありつつ強調しすぎておらず、 梁が部屋をグッと引き締めている印象に。木のぬくもりと落ち着きを感じられます。

SG~stell gallary~

ソファまでの間にある梁が、ドアは無いものの寛ぎスペースとの間仕切り役をしてくれているかのように空気感を変えてくれます。ドアが無いことで緑の癒し効果を視界に捉えられつつ、寛ぎのスペースとの境界が梁によって出来ています。

両国 マンションリノベーション

間仕切りをなくしたことで開放感が心地よい空間に。しかし、梁の存在がキッチンとの境界を作ってくれているように思えます。開放的でありながら、空間の境界は出来ているというのが梁の存在感のなせる業です。

広いLDKで寛ぐ、フレンチカントリーな家


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 広々LDK
  • 全面開口のリビング3(撮影:中村絵)
  • モノトーンの大人リビング
  • 外の空間を感じることができるリビング
  • ガラスブロック沿いの動線

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問