2016年06月23日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

おしゃれで使いやすい!土間キッチンの魅力

キッチンは住まいで最も汚れやすく、酷使されている場所と言っても過言ではないですよね。そこで最近土間キッチンが注目を集めています。土間は汚れに強くお手入れもしやすいんですよ。そして、外と内との中間地点として、開放的な空間づくりに一役買ってくれます。住まいのアクセントとしてもおしゃれに決まる、魅力的な土間キッチンをご紹介します。


通り土間として

玄関を開けるとすぐに土間キッチンがあり、裏庭へ繋がる通り土間としてオープンな空間になっています。

西谷の家 (土間キッチン)

ふらりとお隣さん宅に訪ねて、家に上がることなく一段上がったダイニングと土間の段差に腰掛けておしゃべりする光景は、昔は良く見られたものだったのではないでしょうか。そんな光景をこの土間キッチンでは見る事が出来ます。また、リビングダイニングが土間キッチンより一段高くなっているので、キッチンで作業をしながらでも椅子やソファでくつろぐ家族と自然と視線が合い、会話がしやすくなっています。

西谷の家

土間はひんやり冷たそう、というイメージがあるかもしれませんが、こちらの土間には床暖房を設置しており、冬でも快適に過ごせます。庭からの優しい光と風が、明るくて心地の良い空間をつくってくれています。

『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生)

外との一体感を感じる

山・川・畑と自然豊かな場所に立つ住まいは、土間キッチンを中心として設計されています。ガラス戸をフルオープンにすれば、外のテラスとひと繋がりの空間として使う事ができ、室内に居ながら外で食事をしているような開放的なダイニングキッチンとなります。畑で採れた泥だらけの野菜も外からそのまま汚れを気にせず持ち込むこともできます。もし床が汚れてもサッと箒で掃いたり、ごしごしと水やタワシで洗えるので、いつでも清潔なキッチンをキープできます。

『蒲郡の家』~土間のダイニングキッチンのある家~

倉庫風

土間のひんやりとした質感と温かみのある木材がお互いを引き立て合い、倉庫風の住まいにマッチしています。キッチンは天板と脚のみというソリッドなものをセレクトして、インダストリアルな雰囲気に。広々とした土間は、友人を招いて気軽にパーティーを楽しんだりすることもできます。

石部の家 (ダイニングキッチン)

土間の魅力は何と言っても外と内を緩やかに繋いでくれること。テラスでバーベキューをしたり遊んだり、疲れたら室内へ入ってひと休み。テラスと同じ高さの室内なので気軽に、そして自由に行き来出来ます。

石部の家

モダンな土間キッチン

懐かしさを感じさせつつもモダンな土間キッチン。キッチンカウンターもコンクリート製で、その美しい質感が空間を引き締めます。土間床と同じく、キッチンカウンターも汚れが目立ちにくくお手入れが楽ちん。また、熱々のお鍋を直に置けるので、料理の際にもとても便利です。

群馬県邑楽町・土間リビングの家|A house


この記事を書いた人

hinataさん

インテリア大好き。何より木造住宅の構造が大好きで、新築されている現場を見つけては足しげく通い、外から見学させてもらっています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 2F 子世帯_キッチン
  • 洗面所
  • 本棚の中にワインセラーが組み込まれます
  • ダイニング1
  • スキップフロア

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問