2016/04/18更新2like14479viewMeru

新しいスタイルに注目!「土間リビング」の魅力

玄関などの土足のまま上がれる場所に用いられる「土間」は、昔から日本に伝わる建築の一つです。最近はそんな土間を現代風にアレンジした使い方に注目が集まっています。中でも土間リビングは、土間を大胆に生活スペースに取り入れたアイディアで、現代らしい活用方法の1つです。では、実際の土間リビングにはどんな魅力があるのかを探ってみましょう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

コンクリートのリビングで男前インテリア

コンクリートで出来た土間リビングは、ざっくりとした男前な雰囲気のインテリアを演出するのにぴったりです。床は左手にある玄関と同じ高さで作られていますが、靴はちゃんと脱いで上がるようになっています。

ワンフロアを使い分け

ダイニングにはフローリングを採用し、リビングは土間仕様にしている例です。同じフロアでも床の素材を変えることで、明確な境界線を持たせることが出来ます。こうすることで奥行が出て部屋が広く見える効果が生まれます。

趣味を楽しむ土間リビング

趣味のバイクを室内で楽しみたいという旦那さんのために作られたのが、部屋の一部を土間にした土間リビングです。これなら自転車やバイクを室内に持ち込むことができるので、ゆっくりとメンテナンスに勤しむことができます。

サンルームを兼ねた土間

こちらのリビングの吹き抜け部分にはサンルームを兼ねた土間があります。日当たりがいいので植物を置くのにもぴったりですし、屋内でありながら外にいるかのような気分も味わえます。

ワンちゃんの足に優しい土間

大切な家族であるペットのために土間リビングにしたという事例もあります。フローリングは滑るので犬の足には良くないと言われていますが、岩を素材とした天然スレート貼りの土間はワンちゃんの足にも優しいそうです。

薪ストーブを置くのに活躍

災害時などにも活躍できることで人気を集めつつある薪ストーブですが、床に灰や木くずが落ちることも多いので、掃除には気を遣います。しかし、土間リビングならホウキで掃くこともできるので掃除がしやすいという利点があります。

テラスとの一体感

地面と同じ高さの床であることが特徴の土間リビングは、大きな窓を開け放つことによって外のテラスと空間が繋がります。こうすることでこれ以上ない開放感や、野外との一体感を得ることができます。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る