2014年06月03日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

土間のある暮らし

靴を脱いで 生活する習慣のある日本で 土間は土足で構わない空間とされています。
古くは、玄関から続きとなっていて 炊事や農作業などの屋内作業の場として用いられていました。
現代では、それぞれの暮らしにあった土間の使い方が取り入れられています。
さまざまな土間の取り入れ方を紹介します。


自宅に仕事場のあるSOHOスタイルの家では、玄関からそのまま仕事場に続いており、
来客の際にも、自宅に上がるという抵抗感もなく、仕事とプライベートを仕切ることができる空間作りになっています。
居住空間に内包されている形ではありますが、通勤しているかのようなに、メリハリのある作りになっています。

オウチ18・仙台 SOHOの家

土間がリビングになったスタイルの家。
仲間が気軽に飲みに来るような家にしたかった。というバーラウンジ風リビング。
リビングをプライベートな場所としたリラックス空間にするのではなく、家主の人柄が出た社交的なリビングです。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

二世帯住宅をつなぐ土間。
室内でつながっていて、なおかつお互いのプライバシーもしっかり守られる、そんな玄関土間廊下。土間部分から中庭も見渡せ、開放感のある空間に。こんな二世帯住宅憧れます!

オウチ15・静岡の二世帯住宅

玄関含めワンルームのように、広々とした空間を作り上げたことで、傾斜屋根、湾曲した窓全てがアクセントに。絶妙のバランスで土間を取ることで、部屋全体がゆとりある空間になりました。

リノベーション / skra

玄関から裏庭に続く土間廊下。
壁には趣味のサーフィン板を設置できる場所を設けました。裏庭に抜ける道も、室内庭のような ホッとする空間になっていると共に、風の通り道や採光にもなっています。ガーデニングなどで部屋を汚すことなく、作業ができるのもうれしいですね。

新小岩の家

昔ながらの玄関土間には、ストーブも設けられていて、居住スペースとの段差も高く、
来客時には昔ながらの‘玄関おもてなし’なんかも出来てしまう!のでは。
ご近所付き合いが楽しくなりそうな、そんな和風モダンの土間。

里山の民家-古材再生

玄関脇に設けられた土間収納。
自転車や子供たちの遊具も、らくらく置ける 主に収納スペースとして使用する土間。
スーツケースや宅配の段ボールなども、土足スペースなので気にせず置いておけます。

家族が見渡せる広いLDK を! – ROPA -


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング1
  • 柱を利用したキッチン収納
  • 玄関
  • 外観
  • 広間

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問