2015年05月19日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

土間を有効に活用した注文住宅、マンションリノベーション参考事例集

土間と言うと、昔の民家に台所をイメージする方も多いと思いますが、現代の土間空間はマンションリノベーションをはじめ、一般住宅の室内テラスなどにも積極的に使われています。昔の”いわゆる土間”とはイメージも変わっています。今回は、マンションリノベーションと注文住宅とに分けて、プロジェクト事例を紹介していきます。
なお「土間って寒くない?」と思う方もいるようですが、基盤となっているコンクリートは断熱空間内(家のなか)に施工されています。つまり、コンクリートは熱容量も大きく、室内暖房でいったん暖めると熱が逃げにくいのです。また熱容量の大きさを生かして電気や温水をコンクリートに流す現場もあります。そうした土間はほんのりと暖かくとても快適です。どうぞお試しあれ。


ここは建築事務所が、実際に自分たちでリノベーションしたマンションをオフィス兼住居として使っています。この部屋は、キッチンを中心とした間取りを考えて構成しているのでしょう。

私たちの家 (居心地のいいキッチン)

土間と言うとモルタル仕上げだけではなく、こちらのように天然石(大谷石)のタイル仕上げのものもあります。たとえばこちらは、土間スペースを多めにとったフロア構成をとっていますが、土間の高さを微妙に変えることでフロアの縁切りを表現しています(もちろん水捌けを考えて、室内側が高くなっているわけですが)。

私たちの家

薪ストーブを採用した住宅が増えていますが、設置スペースに使う建築資材にはいろいろ迷うところです。よくあるのがレンガやタイルを敷き詰めるパターンですが、こちらのように土間スペースが使えたら理想的です。

「末広の家」薪ストーブ・吹抜・焼杉

軒先部分に見える13本もある梁は地面に届いており、外部からの視線を遮るグリーンカーテンとして機能しています。室内側に広がる土間空間とテラスコンクリートが圧巻ですが、それだけではなくここは緑化屋根になっており、夏の猛暑を大幅に軽減してくれます。

群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house (深い軒のかかったテラス)

夜のLDスペースです。この家とともに過ごすスローライフは、家族しか味わえないものなのでしょう。

群馬県太田市・芝屋根住宅-1|mat house (ダイニングの風景)

家の中は吹き抜けを中心とした縦に広がる空間が印象的です。露わし階段のフォルムも美しい。

melodia (吹き抜けの開放的なリビング(撮影:小川重雄))

前面に広がるテラスコンクリートと、それにつながるリビングの土間スペース。家内外の曖昧さに特徴とその良さをを併せ持った住宅と言えるでしょう。

melodia

間口が狭く長手方向に細長い土地。京都に多い敷地条件ですが、こうした土地の場合、日当たりが悪く、採光をどう確保するかが建築家の腕の見せどころです。ここで至った結論は、家の中心に吹き抜けを配置することです。

「羽束師の家」アンティーク・吹抜け・土間 (土間・吹抜け・アンティーク)

そしてこのスペースの床には、土間を採用することに。
この空間がもたらす多彩な光(反射を含め)が、ここに自然と家人が集うことを呼び込むかのようです。

「羽束師の家」アンティーク・吹抜け・土間

室内の窓側がすべて土間床で仕上げられているマンションリノベーション。
リビングに吊り下げられたハンモックが印象的です。

マンションリノベーション|名古屋市千種区F邸 (グリーンとハンモックのあるリビング)

奥は比較的オープンな寝室が。
今流行りのブルックリンスタイルのインテリアが、空間をより一層おしゃれにしています。

マンションリノベーション|名古屋市千種区F邸

パイン材と白を基調とした明るい印象のマンションリノベーション。
広々とした玄関土間を、この家全体の主な収納スペース(納戸)に位置付けています。住まい手のライフスタイルの好みが伝わってきますね。

N邸・大人も子どもも元気にワクワク遊ぶ家 (玄関土間)

都心の高級住宅街にあるヴィンテージマンションをリノベーションしました。
ラウンジ調の高級感漂うインテリアに、モルタル仕上げの土間床を組み合わせたコーディネート。杉板とステンレスの玄関収納が無骨な土間に映えます。

ヨーロピアンとオリエンタル、モダンが融合した、高級感あるラウンジのような空間 (玄関)

キッチンのディテールにも細かいこだわりを持って物が選ばれているようです。もちろん、家具、照明にもそうしたことがあらわれていますね。リビングにもモルタルの土間スペースが使われているのがわかります。

ヨーロピアンとオリエンタル、モダンが融合した、高級感あるラウンジのような空間 (リビングダイニングキッチン)

オーナー様は、イームズやジョージ・ネルソンなどに代表されるミッドセンチュリーテイストが好み。このリノベーションでも、『TRUCK FUNITURE』で購入予定の家具に合わせてインテリアを検討しています。

denim601 (リビング)

最終的に床材の選択で大いに迷ったようです。
そして結果、フローリングも使ったのですが、インテリア的にはこっちの方が合うとのことでメインスペースにモルタル土間床を選びました。潔い選択ではないでしょうか。

denim601 (モルタル土間仕上げのリビングルーム)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観-日中1
  • 居心地の良い小上がり/収納スペースも確保
  • 玄関引き戸
  • リビング
  • リビングスペース

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問