2015年02月12日更新

おしゃれな部屋事例(書斎)

快適お仕事空間~自宅にあるワークスペース~

自宅で仕事をする場合に、大切なことはなんでしょうか。
まず一つは、オンとオフの切り替えだと思います。時には、子供やペットなどに邪魔をされてしまうこともあるかもしれませんが、効率を上げるためには、自分なりに集中出来る環境づくりが必要ではないでしょうか。 そのためには自宅であっても、生活スペースから多少切り離されていたり、「仕事に行っている感」もあると良いのではと思います。
自宅で仕事をしている方や、これからしたいと考えている方に参考となるようなワークスペースを集めてみました。


限られた部屋数やスペースの中で、ワークスペースを作る際に場所の選択の一つにエントランスがあります。エントランスにワークスペースを作ると、生活スペースから切り離しやすいため、実は多くの事例があります。

> この住宅のすべての情報を見る

リビングに設けられた収納たっぷりのワークスペースです。
家事をしながらも作業することができ、別にエアコンを付ける手間もいりません。

> この住宅のすべての情報を見る

コの字型のワークスペースは、ご夫婦で使っても十分な広さ。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関ホールに作られた、個室タイプの贅沢な書斎兼ワークスペースです。

> この住宅のすべての情報を見る

レトロな雰囲気を持つワークスペースは、シンプルで使いやすそうです。
リビングダイニングに面した窓からは、家族の様子や行動を感じながら作業ができるなんて一石二鳥の効果です。

> この住宅のすべての情報を見る

玄関に設けられたワークスペースは、すぐ奥に薪ストーブが備えられており、土間でありながら温かく過ごすことが可能です。靴やスリッパに履き替えて机に向かえば、気持ちを切り替えるのにも役立ちますね。

> この住宅のすべての情報を見る

押入れを作業室に変えれば、一人で籠るのに、適度なサイズになります。

> この住宅のすべての情報を見る

戸を閉めても、大きなガラス窓から中の様子を伺うことが出来て、家族も安心です。

> この住宅のすべての情報を見る


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。