2016年02月13日更新

リノベーション事例(リノベーション事例 その他)

風と光を思い通りに!家にもたらす工夫とは

風と光を家に取り込みたいと窓を開けてみても、自分の思い通りにいかないという経験があるのではないでしょうか。ただ窓を開ければ良いというものではありません。是非、参考にしていただきたいお家の事例をご紹介いたします。


静寂を邪魔しない優しさ

和室に窓を設置するなら地窓がオススメです。和の静寂さを邪魔せず、風と光を優しく取り込めるのが地窓の良さではないでしょうか。

気配が通り抜ける廊下

2階廊下は透明なアクリル板で覆われ、窓からの自然光を遮らずに家の中に届けてくれる…そんな理想的な空中廊下です。廊下を渡る人の気配を感じられるため、家族間のつながりを強くします。

表情豊かなトップライト

室内に自然光を取り入れられるトップライト。ただトップライトを設置するだけでなく、天井の造形に曲線をもたらす事で雲に見立てられた天井とトップライトが表情豊かな空間を作り出します。

風の抜けが心地良い吹き抜け

吹き抜けがあると上階への風の通りが良く、空気の流れが停滞しにくいのが特徴です。2階にいてもふんわりと風が通り、心地良い空間を生み出してくれます。

光と風と共に風情も感じられる

通り土間のある長屋には外と内を完全に遮断するのではなく、つながりを曖昧にしながら風と光を取り入れる事が出来る格子が最適です。風情もありながら風と光が通ります。

プライバシーが確保される坪庭

住宅密集地という立地で、プライバシーを守りながら風と光を確保出来るのが坪庭です。庭に面した窓からは、木々によって四季折々の風情を感じられます。

バスルームの天窓はリラックス倍増

湿気のこもりがちなバスルームに窓を設置するなら、天窓を設ける事もオススメです。夜空の星や月明りを楽しみながら湯船に浸かるリラックスタイムが堪能できます。


専門家紹介サービス

この記事を書いた人

pilo-3567さん

素敵なインテリアに囲まれて過ごす家は、リラックス効果が倍増する気がします。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • ローズウッド(ソノクリン)フローリングを採用したリビング
  • 吹き抜けの明るいリビングダイニング-1
  • 引き出せば作業台としても使える収納
  • 間仕切り
  • 日当たりのよいリビング
自分らしい家、誰とつくる?