2016年08月02日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

涼風が通り抜ける家6選

四季豊かな日本では、古くから暑い夏を涼しく過ごすための工夫が成されていました。土間、障子はもちろん、風鈴や簾などの夏の風物詩もその一例です。今でもその風習が残り、グリーンカーテンや打ち水など、暑さを凌ぐ知恵が生活に息づいています。風通しのいい住まいは、涼しいだけでなく、湿気がこもりにくく、心地いい空間を生み出してくれます。今回は、そんな「涼風が通り抜ける家」の事例をご紹介します。


吹き抜けのある家

1階の広い窓から上階への風通りがよい吹き抜けのある家。
見た目にも開放感があり、2階から眺める庭の芝生が爽やかです。

Matryoshka house #113

上階に窓を取り付けることで、より風通しのいい住まいになります。

腰浜の家

日本家屋のよさが息づく家

昔ながらの木造住宅は、日本の風土に合わせた工夫があちこちに施されています。
日本家屋ならではの風情も感じられる事例は、屋外と家の中を通り土間が渡し、格子戸でつなぐことで風と光が通りやすくなっています。

『再生M』~通り土間のある町屋のリノベーション~(古民家再生) (外観夕景・正面)

昔ながらの縁側も風通しの良さと開放感は抜群です。
縁側があることで直射日光を遮ることができ、日陰ができるので室内の温度の上昇をゆるやかにしてくれます。夕暮れ時は打ち水をして、夕涼みを楽しむのもいいですね。

常陸太田の家

和室には、日本の風土にあった先人の知恵が息づいています。
畳や障子といった湿気を和らげる和の設えや、引き戸の開閉による温度調節もその知恵の一つです。
畳の材料であるい草は、空気の吸放湿を行う性質があり、湿気を調節してくれ、障子紙は遮光はもちろん、吸湿性や断熱性が高く、夏の暑さを和らげてくれます。洋室より和室にいる時の方が風が涼しく感じられるのはそのためです。

K5-house「スローライフの家」

螺旋階段でより風通しのいい空間づくりを

螺旋階段のある住宅も風通しのよい事例の一つです。
見た目にも開放感があり、涼風と光が通りぬけます。

『弘前の家』明るく風通しのよい住まいへ

螺旋階段の良さは、室内にリズミカルな空間を生み出してくれるところにもあります。
空間に動きがあると視覚で涼しさを感じることができます。風鈴の音色により、聴覚で涼しさを感じられるのと同じですね。

026高崎Mさんの家

先人たちの知恵から現代家屋の工夫に至るまで、夏を涼しく過ごす事例を集めてみました。
ベランダにゴーヤや朝顔を植えてグリーンカーテンにしたり、風鈴を窓際に吊るすだけでも、手軽に涼風を感じられそうです。暑い日本の夏をぜひ快適にお過ごしください。

この記事を書いた人

klugさん

フリーライター。築30年の分譲マンションを昨年リフォームしたばかり。DIYを楽しみながら、夫と娘たち(一人とワンコ一匹)とのユニークな日々を過ごしています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • 明るいヴィンテージ風LDK
  • 玄関ホール
  • リビングとダイニングを仕切るとラグジュアリーな空間に
  • バスルーム

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問