2019/02/11更新0like1625viewHaruka Yamasaki

「明日もがんばろう!」と思える、心もカラダも癒すバスタイム

お風呂でのんびりゆったりリラックス。
疲れたカラダと心を癒すバスタイムは、1日のお楽しみの一つ。

わたしにとってお風呂は、カラダをキレイに洗ってあたたまるだけの場所じゃない。
心の中もキレイにして、ポカポカにあったかくしてくれる大切な場所なんだ。

今回は、Haruka Yamasaki が担当します。
「入りたくなるお風呂」をテーマに書いていきます。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

今日の自分へのご褒美に。気持ちのいいお風呂の時間

今日も一日、仕事や家事でヘトヘト。
そんなときは、お風呂に入ってくつろいで、カラダも心もリフレッシュするのが一番だ。

お風呂は自分をリセットできる場所。
足を伸ばしてのんびりとあたたかなお湯に浸かっていると、「明日も一日がんばろう!」って自然と思えてくるのだから。

そんな大切な場所だからこそ、お疲れ様な自分のために。
理想を求めて、お風呂を工夫してもいいんじゃないかって思うんだ。

でも、デザインだったり、機能性だったり、「理想のお風呂」は人それぞれ。
今回は、自分にとっての理想のお風呂を考えてみよう。

今日と明日の自分のためにも。

一人でも家族とでも。「くつろぎ」のバスタイムを

サニタリーと繋がった区切りのない空間で、湯船につかっていい気持ち。
ちょっと高級なホテルに泊まっているような、クールモダンなお風呂。

一人でのんびりとした時間を過ごしてもいいし、家族と一緒に楽しく過ごしてもいいかもしれない。

足を伸ばしてゆったりと、なんだか開放的な気分になる。
そんなバスタイム。
コロンとした形がかわいい置き型のバスタブ。
限られた空間で、無駄のないシンプルなデザインが妙に心地よい。

忙しく疲れた日も、このお風呂に入ってスッキリ爽やか。
のんびりしながら自分の心を整理してみよう。
小さな庭を眺めながら、心安らぐ癒しの時間。
家にいながら露天風呂気分を味わえるって、なんて贅沢なんだろう。

きっとここは、おじいちゃん、おばあちゃんになってもお気に入りの場所。
そう思えるような心地よいお風呂に出会えたら、最高の気分になるはずだ。

今よりもっと気持ちのいいバスタイム。「理想のお風呂」を見つけよう

一人暮らしでも、家族と一緒でも。
カラダと心を癒してくれるお風呂の時間って、とても大切な時間だと思うんだ。

完全なプライベート空間だからこそ、自分にマッチしたお風呂を知っていても損はないはず。
例えば、ヒヤッと寒さを感じるお風呂が嫌な人には、バスだけじゃなく壁や床も樹脂でできたバスルームに。
メーカーにこだわり、清掃しやすく、メンテナンスも安心な「ユニットバス」を選ぶのもいいかもしれない。

それに、窓の位置、壁や床など、お風呂の細かいデザインにこだわりたい人は「在来型浴室」に。
職人さんにオーダーメイドして、自分の思い描くバスタイムを実現できる。

そして、バスタブとタイルを含めた浴室の下半分は在来で、上半分は自由にデザイン可能な「ハーフユニットバス」という手もある。

理想のお風呂を探すなら、ちょっとした知識も大切だ。
自分の望むお風呂を見つけたら、もっと気持ちのいいバスタイムを過ごせるはず。
心もカラダもリフレッシュしたら、明日のやる気につながるのだから。

今日からでも、あなたにとっての「入りたくなるお風呂」を探してみない?
お気に入り

SUVACOでできること

家づくりの学び舎

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

バス/トイレの事例をもっと見る
家づくりの専門を探す
専門家選びのご相談はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A