2020/05/17更新1like1538viewHaruka Yamasaki

遠くに出かけなくても、家だからこそできる「アウトドア」の楽しみ方

家の中でのんびりと、読書をしたり、映画を見たり、インドアな時間を過ごすのも楽しい。
だけどたまには、開放的な場所でアウトドア気分を満喫したいこともある。

家にいながら、インドアな過ごし方もできて、さらにアウトドアな過ごし方もできたらどんなに楽しいんだろう。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

「アウトドア気分」は、家にいても十分に味わうことができる

テント・寝袋・アウトドアチェアやテーブル・BBQセット…etc.

どこまでこだわるかにもよるけれど、アウトドアの準備ってちょっとめんどくさい。
荷物を減らしてレンタルという手もあるが、そうすると思いのほか高くつくことも。

キャンプや登山などのアウトドアに興味があっても、グッズを揃えることや長距離移動のことを考えるだけでも疲れてしまう人もいるだろう。

準備するところから楽しめる人もいるが、そうではない人も結構いると思うのだ。
経験のない人や少ない人が本格的にアウトドアを楽しむのって、なかなか大変なことなのかもしれない。

まずは、家にいながらアウトドアを楽しめる方法を考えるのはどうだろう。

今日は、アウトドアに憧れる人に読んでほしい、家にいながらアウトドア気分を満喫するアイデアを紹介しよう。

「これならできるかも?」と思えるような、家で手軽に楽しめるアウトドアを

陽当たりの良い南東の角にデッキテラスを設けて、開放感を楽しめるスペースをつくった家。

周りの壁を腰壁にすることで、高い壁に囲まれる圧迫感がなく、近隣住居からのプライバシーも守れるつくりになっている。

高い山に登らなくても、展望台がない場所でも、家からゆったりと空を見上げることはできるのだ。
ガーデニングや金魚の飼育を楽しめる素朴な味わいのあるバルコニー。
築7年の中古マンションのバルコニーにウッドデッキを敷いて、室内のモダンなデザインともよく合うあたたかみのある雰囲気になっている。

イチからつくらなくても、少しの工夫で雰囲気や機能性が変わることもあるのだ。
外の空間を家の中に取り込むように家の2階につくられた大きなテラス。
この家は、テラスを囲むようにリビングが配置されているつくりになっている。

2階にリビングの延長となるテラスをつくることで、テラスが外部との緩衝空間になり、格子壁や壁の高さを工夫することで、周囲からの視線も気にならず、風の通りもいい。

日々の生活を豊にしてくれるような、気持ちよく過ごせるテラスなのだ。
室内に敷かれた無垢のフローリングを、インナーテラスの部分だけ素材を変えたフローリングに変えた部屋。

インナーテラスに観葉植物と一緒にイスを置いて、太陽の光を浴びながら緑を楽しむことができる空間になっている。

庭やバルコニーのある家じゃなくても、ちょっとしたアウトドア気分は楽しめるのだ。

自分の暮らしにぴったりの方法で、アウトドア気分を楽しもう!

遠く離れた山や川に行ったり、たくさんのアウトドア用品を持って車で出かけたりしなくても、ちょっとしたアウトドア気分は家の中でも味わうことができる。

自然の中で本格的なアウトドアも楽しいけれど、家の中でのんびりと空を眺めることや、青空の下でちょっとしたスペースを生かして食事をするのもいいものだ。

自分の暮らしにぴったりのアウトドアの楽しみ方はきっとある。

まずは、「これなら家でもできるかも」と思えるようなアイデアを探すところからはじめませんか?
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る