2019/07/19更新3like9433viewfumio

開放感が最高!段差のないリビングとテラスが欲しくなる10の実例

リビングとテラスが段差なくフラットにつながった空間、開放感があり素敵ですよね。気持ち良さをとことん追求した、抜けるようなリビングとテラス。家事動線など、開放感だけじゃないメリットもあります。くつろぎの住宅事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

内と外がゆるやかにつながる曖昧な境界

日本では昔から縁側のような、内と外が曖昧な空間が好まれてきました。リビングとテラスの境界をフラットにすると、きちんとした敷居がなく、空間に曖昧さがうまれます。内からは外が感じられ、外からは内が感じられるつながりのある空間になります。

大開口部で、開放的な空間に!

テラスへの開口部が小さいと、その分境界が増えて空間のつながりが薄れてしまいます。開口部を大きくすると、より開放感のある空間に!風と光が広がる気持ちのいい空間になります。

段差のない設計は、家事動線にも便利!

リビングとテラスの境界がフラットなことは、家事動線的にも便利です!特に便利なのが洗濯物。布団をかかえていてもらくらくテラスへ出られます。

回遊する動線を妨げないフラットなテラス

こちらの事例はテラスを使うことにより、行き止まりがない住宅を実現しています。もちろん内と外の境目には段差がなく、そのまま廊下に出るような感覚で出ることができます。限られた敷地の中で最大限広さや開放感を感じるよう配慮されました。

ホームパーティーの主役! リビングの延長、アウトドアリビング

家族や友達とワイワイやるなら、室内もいいですが、やはりアウトドアは盛り上がります!空が抜け、風が抜けるアウトドアリビングで過ごす心地よい時間。リビングとフラットにつながっていることで、準備や料理、飲み物のおかわりなどの行き来も簡単です。
フラットにつながる開放感のある空間をご紹介しました。外とつながる住宅の心地よさ、参考にしてみて下さいね!
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

バルコニー(テラス・デッキ)の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る