2015年08月07日更新

インテリア(その他)

飽きのこないシンプルな空間づくり

部屋の印象を左右するインテリアスタイル。どんなスタイルが一番自分にしっくりくるのか悩みますよね。シンプルな空間づくりをしてみませんか?シンプルと言っても、色味の無い空間というわけではなく、今回は色を使っても作ることのできるシンプル空間の作り方にスポットをあててみました。シンプルで飽きのこない空間は、落ち着きがあり居心地の良さを感じてみませんか?


シンプル×ブラック×グレー

ブラックとグレーで統一された空間はすっきりとクールな印象を受けます。白基調の空間に、馴染みがよく、スッキリと洗練されたイメージになります。

東大島 個人邸 リノベーション

シンプル×オレンジ

オレンジは暖色系なので温かみを演出してくれます。床のダークトーンに合わせてオレンジのソファがうまくなじみ、そしてアクセントにもなり一層寛ぎの空間に仕上げてくれています。

T邸・リゾートを訪れたような寛ぎ。開放感溢れる家

シンプル×木目

木目を床だけではなく、建具にも木目をつかっています。ウッディーな空間は癒しの代表ですよね。ダークトーンだとラグジュアリー感も増します。

建築家:安井秀夫「『岡崎のコートハウス』光と風が抜ける明るい住まい」

『岡崎のコートハウス』光と風が抜ける明るい住まい

シンプル×ホワイト

外部のテラス部分にまで及ぶホワイトの空間。シンプルの極みですね。テラスの植物がより一層引き立ち、アクセントになっています。

落合のコートハウス 6テラス6ガーデン

シンプル×打ちっぱなし

コンクリートだからこそ叶えることができるこのシンプルさ。天井からの採光が閉鎖された空間に感じない開放感ある空間です。

対の家

シンプル×トリコロール

多色使いでも、定番の色の組み合わせをすることで、シンプルで落ち着いた雰囲気になります。単色コーディネートが好みではない場合は、こんなコーディネートも素敵ですね。

「秘密基地」のある富ヶ谷の家 (リビング・ダイニング)

シンプル×ポップカラー

色味が多くなってもホワイトベースの空間であれば色が喧嘩し合うことはありません。シンプルな型の家具選びもポイントとなってきます。

長丘の家


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

最近お気に入りされた事例写真

  • トイレ
  • 赤坂の家 廊下
  • 2階子供部屋
  • リビング・ダイニング&洋室
  • 玄関

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問