2016年05月06日更新

リフォーム・リノベーション(その他)

自分好みに染める!~ひとり暮らしの部屋~

思いっきり自分好みにできるひとり暮らしの部屋。
自由にレイアウトできるなら、自分が一番心地よく感じる部屋にしたいですよね。
今回は、自分らしさ満載の部屋づくりをされている家を集めてみました。


ひとりの時間を満喫する部屋

人を呼んで楽しむ家ではなく、映画鑑賞などひとりの時間を楽しめる部屋づくりを求められた施主さん。自分が好きな絵を眺めながらグラスを傾けられるよう、リビングの壁にはお気に入りの絵をいくつも配置しています。照明に調光機能をつけたり、落ち着いた色合いのブルーの壁を選んだり、帰宅した際にほっとする空間になっていますよね。

人を呼ばない家。

カラフルでにぎやかな雰囲気

雑貨や手作りが大好きな施主さんならではの明るくカラフルな部屋。ベースはシンプルにし、気分に合わせて装飾を変えられるようリノベーションされています。収納スペースには扉を設けず、手作りカーテンで目隠し。たまにカーテンを変えるだけで、部屋の印象を変えられそうですよね。

リノベーション会社:スタイル工房「鮮やかな雑貨とインテリアが楽しい、キャンバスのような家」(リノベりす掲載)

どっぷりモロッコテイストに浸かる

建具や雑貨、ファブリックなど、細部までモロッコテイストな家。
モロッコスタイルには欠かせない漆喰とアイアンが随所に散りばめられ、リノベーション前とは全く違う雰囲気になっています。異国文化をここまで取り入れられるのも、ひとり暮らしだからこそですよね。

リノベーション会社:株式会社i・e・sリビング倶楽部「キッチュな色使いと伝統的な技術でつくるモロッカンな家」(リノベりす掲載)

ちょうど良いコンパクトサイズ

9坪の小さな戸建にひとり暮らし。リビングから階段でつながる屋根裏は、隠れ家のような雰囲気です。
広い部屋に一人だとちょっと落ち着きませんよね。丁度よいサイズが住み心地をよくする秘訣といえそうです。

9坪とロフトのおうち

大好きな「和」の要素を散りばめて

昭和の家を彷彿させる和の雰囲気とモダンがコラボした施主さん好みの部屋。
江戸唐紙や障子、格子扉などの和素材が魅力的ですよね。
多忙な施主さんが効率よく暮らせる様な間取りや動線が考えられています。
自分の生活習慣に合わせた部屋づくりができるのもひとり暮らしのメリットですね。

リノベーション会社:株式会社リビタ「一人で心地よく暮らせる絶妙なサイズ感。モダンな中に和テイストを取りいれて」(リノベりす掲載)

料理好きのためのキッチン×NYのアパートメントのように

プロ用の厨房機器を備え、使い勝手良く考えられたオーダーキッチンには、料理好きな施主さんのこだわりが詰まっています。エイジング加工した無垢フローリング、使い込まれた風合いになるようワックスをムラ塗りしたテラコッタタイル等を用い、時を経て味わい深さがプラスされた古いNYのロフト・アパートメントのような雰囲気を作り上げています。

ロフト・アパートメントのように

音楽と映像を存分に楽しむ

コルビュジエのソファとボトルや音楽機器達が置かれたリビングは、音楽を楽しみながらお酒をたしなむ最高のスペースになっています。さらに、大型スクリーンとステレオを設置し、間接照明でバーのような雰囲気も演出。お風呂からも映像が見られるなど、音楽と映像を存分に楽しめる空間になっています。

AMPHITAー生活の中心に音楽がある部屋


この記事を書いた人

hatamama8さん

『帰ってきたくなる家』を目指して。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観
  • 螺旋階段
  • テラス
  • DINING1
  • 外観

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問