2014年11月16日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , おしゃれな部屋事例(その他) , インテリア(その他)

和の心を忘れない-障子のある家-

「障子」といえば、日本家屋の和室の窓辺に取り付けられていて、旅館に行ったときによく目にするもの。そんなイメージがありますが、とってもすてきに取り入れている家がたくさんありました。障子の持っている機能を活かして取り入れたり、目的に合わせてデザインを工夫している例などもいろいろあります。引戸が見直されている今、障子はとても魅力的な建具ですね。


とてもオーソドックスな障子です。シンプルな洋室にすっきりと収まっています。
カーテンと違ってフラットに収まるところがいいですね。

マンションリノベーション・リフォーム事例「「シキリの形」-鶴川のリノベーション-」

格子のスタイルは同じですが、小さく使われています。下部をスクリーンにして、開くと庭が見える仕掛けです。障子は、開けた時に通常は半分しか視界が開けませが、このような使い方をすれば和の雰囲気を持ちながら景色を楽しめますね。

注文住宅事例「ひかりの架け橋(港南台の家)」

間仕切りとして使われている障子です。使わない時は、壁に引き込むことができるように設計されています。この家はニューヨークにあるそうですが、格子は縦に細長くデザインされ、フローリングとソファの空間に障子がきれいに使われています。

マンションリノベーション・リフォーム事例「Trump World Tower NYC」

横桟だけのデザインです。畳の和室とフローリングのLDとの間を洋風デザインの障子が仕切ることでつないでいます。

注文住宅事例「Y-HOUSE」

リビングと小上がりになったダイニングを仕切る障子です。太鼓張りになっています。
表と裏が無くなり、桟が内側に隠れて和風な感じが和らぎますね。機能面でも効果が高そうです。

注文住宅事例「HouseY」

明治時代の民家が再生された家です。障子は当時のデザインなのでしょうか。古き新しさを感じます。

注文住宅事例「建築士の家」

最後にオリジナルなガラス障子をご紹介します。まるでステンドグラスのようです。
クリアな部分と白や青の部分があって、見え隠れする感じがちょうどよさそうですね。

戸建リノベーション・リフォーム事例「715 An -庵-」


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた写真

  • 廊下2
  • リビングダイニング
  • リビング入口
  • リビング
  • LDK

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?