2016/12/15更新1like9413viewMeru

使いやすくてお部屋の主役になる「セミオープンキッチン」が万能!

キッチンにはリビングとの一体感が魅力のオープンキッチンや、完全に1つの部屋として独立した独立型キッチンなどがあります。そのちょうど中間をとったのが「セミオープンキッチン」です。個室特有の落ち着き感もあり、リビングとの繋がりも楽しめるセミオープンキッチンは、お部屋の主役になるデザインが造りやすいのも特徴。そんな便利なキッチンの事例をご紹介いたします。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

タイルと木材のキッチン

モノトーンのモザイクタイルを使用したカウンターキッチンの頭上には吊り戸棚があり、リビング側は古材風の板で目隠しされています。異素材な組み合わせがリビングから見た時に目を引くセンスの良いキッチンです。

黒板壁のキッチン

どこかレトロなモスグリーンの壁に囲まれたキッチンは、黒板塗装になっているのがポイント。子供がいるお家なら遊び場として活用できますし、よりおしゃれに使いたいなら献立をカフェのメニュー風に書いたりするのもいいかもしれません。

見せる収納が映えるキッチン

白い板張りのキッチンはカウンターの窓口にオープンラックが備え付けてあり、野菜や果物の瓶詰が並んでいます。見た目も鮮やかで、思わず真似したくなるかわいさです。壁が白いのでキッチンの背面にある見せる収納も映えますね。

カラフルタイルのキッチン

リビングとキッチンの間仕切り壁はカラフルなタイル貼りになっていてインパクト抜群!キッチンの手前に目を引く壁を作ることで、作業中のごちゃごちゃに目が行きづらくなるというメリットもあります。

回遊できるキッチン

両側に通路のあるキッチンは、回遊できる便利な造りになっています。アイランドキッチンなども回遊できますが、セミオープンの場合はカウンターに立ち上がりをつけることで手元を隠し、吊り棚を取りつけて間口を狭めることで、より落ち着ける空間を作ることができます。

ステージのようなキッチン

こちらはキッチンの床が一段上がったステージのような造りになっています。対面式のカウンターはありませんが、作業台とシンクやコンロが平行に並んでいて、リビングからもアクセスしやすいのが特徴です。

パッチワークのような箱型キッチン

タモの木材を使用したキッチンは、まるでパッチワークのような彩りが目を引きます。箱型になっているのでキッチンとリビングとの境界を明確に分けつつ、リビングにいる家族とのコミュニケーションも取りやすいのが嬉しいです。
キッチンは基本的に毎日使用する場所なので、リビングからのアクセスが大変重要です。それに加えて汚れが目立ちやすい場所なので適度に目隠しも欲しいですね。そんな時に役立つセミオープンキッチンは、まさにいいとこ取りの万能キッチンと言えるのではないでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOは、自分らしい家づくり・リノベーションをしたいユーザーとそれを叶えるプロ(専門家)とが出会うプラットフォームです。

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

会員登録を行うと、家づくりに役立つメールマガジンが届いたり、アイデア集めや依頼先の検討にお気に入り・フォロー機能が使えるようになります。

同じテーマの記事

同じテーマのQ&A

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る