2018/04/16更新0like1560viewrela*pooka

春のお散歩。フランク・ロイド・ライト建築の自由学園明日館へ。

新しい季節。先日、息子の保育園の進級式に顔を出してきました。保育園に通いだして早1年。あの頃できなかったことが少しずつ出来るようになり、ゆっくりでも確実に成長しているな〜と嬉しさしきりです。

春といえば桜!ですが、今年の桜は展開が早かった(笑)。暖かくなったな〜と思っていたらあっという間に満開、そしてババッと散り、いまではすっかり若葉の緑に包まれています。「お花見、間に合った!」という方も「できなかった〜」という方も、サクラ・アゲイン。今回は私の大好きな場所「自由学園明日館」の桜と、素敵な建物の中で味わえるカフェ時間をご紹介しようと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

サクラサク。

普段は完全に花よりだんごの私ですが、息子が生まれてから毎年必ずこの時期、「純粋なお花見」に出かけている場所があります。

私の経営するカフェ「lamp」にもほど近い、自由学園明日館。大好きな場所です。ちなみに読み方は「みょうにちかん」。
rela*pooka

rela*pooka

閑静な住宅街。とある角を曲がると、突然現れる3本の桜の大木。行き交う人々は必ず立ち止まり、空を見上げて感嘆の声をあげています。

独身時代から本当に好きな場所でしたが、子供が生まれてから「毎年同じ桜の木の下で家族写真を撮ろう」という主人のアイディアを実行し続け、今年で早3回目。

明日館って?

現在、自由学園自体は他所に移転しているのですが、こちらの場所には当時の校舎と講堂が残っており、重要文化財として見学可能なのです。

こちらは講堂の中。重厚な木の質感と、光の入り方がたまらなく素敵……もはやこの言葉しか出てこないです(笑)。

窓が、すごい。

「夜桜見学会」と称して21時まで校舎に入ることができる日もあって、しかもお酒つき。時にはギターやチェンバロの演奏会もあるんです。

息子が生まれる前までは主人とビールを飲みつつ粋な時間を過ごしたことも。二人きりで夜桜デートを楽しむのはもう少し先になりそうですが、息子を連れて昼間の明日館に訪れる時間もまた、格別なものです。

こんなカフェ、素敵過ぎない?

そんなわけで、ここ自由学園明日館では「喫茶券つき入場券」で校舎に入り、まるでカフェのような使い方をすることもできます。お値段は2018年4月現在で600円。ずっと変わってないんじゃないかな……
また、来年ね。
rela*pooka

rela*pooka

どうですか。行ってみたくなるでしょう、明日館。これからの季節のお散歩コースにぴったり。とってもとっても素敵な場所なので、ぜひ訪れてみてください。私のカフェlampはそこから徒歩5分。こちらもよろしければぜひ(笑)。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

rela*pookaさん

池袋で13年、小さなカフェ「lamp」を切り盛りしています。

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る