2014年09月16日更新

おしゃれな部屋事例(その他)

時間を忘れて読みふけってしまいそう-読書スペース-

本が好きな人にとっては家を建てる時に、本の収納スペースを考える事が必要ですが、それに加えて、本を読むスペースが作れたら最高だと思います。自室やリビングなど、どこでも本を読む事は出来ますが、「本を読む」ためだけのスペースは、特別落ち着いて本とじっくり向かい合う時間が作れそうです。一人でも、家族とでも…。時間を忘れて読みふけってしまいそうです。


ワーキングスペースの横に設けられた、読書スペース。
親が仕事や作業をしている横で、子供が本を読む事が出来ます。

家族と犬がのびのび暮らすパッシブソーラのエコリフォーム

キッチンの横に設けられた、和室兼図書コーナー。
シンプルなライトが吊るされている木枠に囲まれたスペースは、落ち着くレトロな雰囲気に仕上げられています。座ったり寝転がったり、好きな姿で本を読むことが出来ますね。

K邸・マンションでもノスタルジーを感じる住まいに (図書コーナー)

テレビのセットのような、ユニークなスペースです。
扉側の壁には窓が付いているので圧迫感を感じさせず、可愛い印象になっています。

K邸・マンションでもノスタルジーを感じる住まいに

階段の踊り場に設けられた読書スペース。
大きな窓から明かりがたっぷり差し込む、気持ちの良い場所です。

逗子の家―気持ちの良い場所 (読書コーナーのある階段)

程よい高さに作られており、キッチンやリビングに居ながら子供の姿を見守る事が出来ます。

逗子の家―気持ちの良い場所

デッキに設けられた、読書スペース。
読書に疲れて顔をあげれば、目を癒す美しい景色が広がります。

Tei 海がみえる家 (読書デッキ)

時間がたったことを、景色が教えてくれます。

Tei 海がみえる家

下が収納になっている、ベッドのようなスペース。
このアイデアはDIYする時にも参考にしたいですね。

リノベーション / skra


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 寝室
  • 赤坂の家 廊下
  • リビング・ダイニング
  • リビングダイニング
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問