2016/07/01更新1like2396view20061123snsm

専用スペースが嬉しい!趣味を楽しむための空間

手芸や音楽といった趣味を楽しむとき、悩むのが道具の保管場所。専用のスペースがあれば、道具の管理もしやすいですね。また、共有スペースで作業をする場合に比べて、自分の使いたいように配置したり、そのまま出しっぱなしにしておくことも可能です。今回は、そんな趣味を楽しむ専用スペースを設けた事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

ダイニングの片隅に

ダイニングの片隅に手芸スペースを作りました。
使いたいものがすぐに取り出せるようにオープン棚を設置。はさみなどのアイテムはハンギング収納にして使い勝手をアップさせています。

有孔ボードで壁面収納

こちらは、糸やマスキングテープといったアイテムを有孔ボードを利用して壁面収納しています。壁面収納にすると、道具をひと目で見渡すことができるので管理もしやすいですね。

L字型でスペース確保

L字になったカウンターデスクのあるソーイングルーム。窓際に面したカウンターは明るく作業がしやすそうです。複数ミシンがあっても問題ないゆったりとした作業スペースは、一日中いたくなる趣味空間です。

リラックスチェアで音楽を楽しむ時間

音楽を楽しめるスペースを設けました。壁面収納には大量のCDが並んでいます。リラックスチェアに座って、音楽を楽しむ時間は至福の時になりそうですね。

専用スペースならではの設備が嬉しい!

演奏のための防音スタジオを完備。機材を移動する際に邪魔にならないよう、配線ダクトを壁に設置するなど細かなところにまで配慮された専用スペースになっています。

趣味仲間との交流の場としても。

ガレージにつながった趣味を楽しむための空間は、同じ趣味を持つ仲間が訪れた際にも共に楽しむことができるようになっています。趣味を楽しみ、仲間と語り合うことのできる趣味スペースです。

ロフトに趣味アイテムを集めて秘密基地風に!

おこもり感を得られるロフト。趣味のアイテムを並べると、そこはまるで秘密基地のようなとっておきの空間にかわります!ひと部屋まるごと趣味の部屋にする余裕がない場合は、ロフトを趣味スペースにするのはいかがでしょうか?広いスペースにはない、ワクワク感がつまった空間が完成します。
さまざまな趣味スペースをご紹介しました。十分な空間を確保できない場合もあると思いますが、壁面収納やロフトを活用してスペースを有効利用してみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

その他の部屋/場所種別の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る