2016/11/07更新2like9196viewhatamama8

築30年以上のマンションリノベーション~キッチン編~

ここ数年、築年数の古いマンションをリノベーションして住む方が増えています。
新築物件や土地がなかなか見つからない中、リノベーションして快適に暮らせる中古物件は魅力的ですよね。管理がしっかりしたマンションであれば、築30年でもまだまだ住める優良物件は沢山あります。そんな築30年以上のマンションをリノベーションした事例をピックアップしてみました。今回は、特にキッチンに注目しています。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

既存のキッチンをモダンに

都心の希望エリアにあった1LDKの築35年の物件。間仕切りをとっぱらい、広々としたワンルームにリノベーションしています。キッチンの場所は変えず、既存のものを利用していますが、細長いタイルを貼り、オープン棚を設置することで、落ち着いたモダンな雰囲気になっています。
新たに設置したキッチンカウンターのキッチン側は、家電やゴミ箱を収納できるようになっています。オープンなキッチンは、見た目もすっきりさせておきたいですよね。

外の光が届く場所に

駅が近く、最上階角部屋という好条件でも築36年なら価格は抑えられます。そんなマンションを550万円でフルリノベーション。ステンレスキッチンにブロック壁を使用したカウンター、男前素材を用いるだけでなく、キッチンの位置を窓側に寄せることで明るく快適な空間にリノベーションされています。

木のぬくもりを感じるカフェ風

91㎡という広々とした築32年のマンション。オークフローリングの肌触りが心地よい、ほっこりした雰囲気にリノベーションされています。オリジナルの対面式キッチンは、床のフローリングと同材を用いることで空間がすっきりとした印象になっています。さらに、キッチン壁側はオープン棚になっているので圧迫感がなく、ゆとりのある空間になっています。

ダサかわいいをコンセプトに

希望の湘南エリアで発見した築38年のマンションを間取りはそのままに、「ダサかわいい」をテーマにリノベーションされています。L字型のキッチンも既存の場所で、さらにレトロ感を演出して造作し、シンプルな白でまとめられています。食器や調理器具の色味が映えますよね。

ヴィンテージ

築30年のマンションをヴィンテージ感溢れる住まいにリノベーションされています。キッチンに貼られたレンガやむき出しの配管が躯体のモルタルとマッチし、落ち着きのある雰囲気を演出しています。

業務用キッチンを主役に

飲食店を経営する夫妻のリノベーションはやはりキッチンが主役。築42年のキッチンの場所はそのままに、業務用キッチンを導入。ステンレスのダブルシンク、様々な調理器具、飾られたマグカップなど、飲食店の厨房がマンションにやってきたという感じがしますね。

シンプルで特徴的なキッチン

一度は都心に住みたいという思いを実現させた築38年のマンションリノベーション。4.8mのI型キッチンはシンプルながら特徴的なアイテムですよね。洗濯機もビルトインし、家事動線も快適なつくりです。
SUVACOでは、住まいに対する要望をお聞きして、その人・家族に合った建築家・リフォーム・リノベーション会社をご紹介する無料サービスをやっています。

インターネットでもお電話でも相談できます。住宅業界での経験が豊富な専任アドバイザーが、どの企業にも寄らない中立的な立場から、ご要望に応じた依頼先を提案します。もちろん提案されたからといって、その会社に決めないといけないということも全くありませんので、まずはお気軽にご相談ください。

お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

キッチン(台所)の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る