2016/07/07更新1like9134viewklug

「塩系インテリア」人気の秘密!!

おしゃれな人を中心に人気が高まっている「塩系インテリア」。
無骨でダークなイメージの「男前インテリア」に比べ、よりすっきりとした無造作で生活感を感じさせないインテリアに、今注目が集まっています。「塩系」から連想される、さっぱりとしたシンプルなテイストや、ユニセックスで楽しめるカッコよさも魅力のようです。そんな「塩系インテリア」を取り入れた事例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

塩系のポイントは「すっきり」「さっぱり」が王道

無駄なものを削ぎ落としたすっきりとしたインテリア。白い家具や雑貨を中心に、シルバーや黒などモノトーンの家具で色調も抑えめにしたシンプルなリビングです。バランスよく配置されたグリーンがやわらかさを加え、お部屋全体に統一感が感じられます。
ホワイト&ブラックの内装に、ブルーのプライベートチェアがアクセント。グリーンを配置して抜け感を作り、モノトーンのインテリアでもかっちりしすぎず、さっぱりとした印象になっています。

曖昧カラーのグレーで色をつなぐ

白と黒をつなぐ中間色のグレーも塩系インテリアには欠かせないカラーです。白黒のパキッとしたイメージをゆるやかにつなぐグレーを、家具やカーテン、クッションカバーなどで取り入れるとやわらかいニュアンスが加わります。
家具やインテリアに限らず、壁や床を真っ白ではなく、白っぽいグレーにしても素敵です。すっきりとした印象のまま、やわらかさが加わって優しい雰囲気になります。

白は多め、黒は控えめにがお約束

白黒にニュアンスカラーをプラスするだけでなく、白と黒の分量も「塩系インテリア」のポイントです。白も黒も主張の強いカラーなので、部屋全体のトーンを見ながらバランスをとることが大切。白を多めに、黒は控えめにするのがポイントです。

こちらの事例は、両開きの黒いドアが存在感を放っていますが、床や天井、壁が白で統一されているので重い印象になりすぎず、すっきりとしています。
黒いフローリングがカッコいいリビングは、白いソファや壁に覆われていて、やはり黒と白のバランスがうまく調和しています。ニュアンスカラーのグレー使いもお見事です。
橘田美幸「K's Place」

グリーンなど植物のやわらかさと生命力をプラスする

塩系は無造作ではあるけれど、無機質でないのも特徴です。観葉植物を置いたり、グリーンを飾ることで、どこかホッとするような安心感や寛ぎ感を醸しています。植物の生命力やみずみずしさが、インテリアの隠し味となり落ち着きのあるリラックスした空間を演出します。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

リノベーション向き物件探しが得意な会社

リノベーションをするために物件を探している方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る