2015年10月13日更新

インテリア(植物/グリーン)

インドアグリーンと暮らす。居心地のよい大人のリビング

植物は、単に部屋を飾るインテリアのひとつというだけではなく、毎日を一緒に暮らす家族のようなものです。なにげない空間でも一鉢の鉢植えを置くだけで癒しの空間に変身します。ここでは、インドアグリーンの伸びやかさ、健やかさを空間にうまく取り入れているリビングをご紹介します。


シンボルツリーを中心としたスタイリッシュなリビング。無機的なコンクリート素材にグリーンが映えて。

大きなシンボルツリーを中心としたコンクリート、H鋼、足場板など、建設現場にある荒々しい材料を仕上げに使用した開放感のある住宅。無機的な素材と、シンボルツリーや様々なところに飾られたグリーンが人が集まるスタイリッシュなバーのような空間を作り出しています。

マンションリノベーション|名古屋市東区K邸

ナチュラルな空間に様々なグリーンが息づく。カフェのような伸びやかなリビング。

アイアン製の窓枠や珪藻土の壁など、素材感を生かしたナチュラルなリビング。シャビーな風合いの家具類と大小さまざまなグリーンがセンス良く配置してあり、くつろげる大人の空間になっています。

神戸市東灘区 リノベーション

ステンレスの素材感とグリーンのコントラストがモダン。スタイリッシュなダイニングキッチン。

1LDKのマンションをリノベーション。広々としたダイニングにはステンレスオープンキッチンを設けました。白い壁の清潔感、シャープなステンレスの素材感、ともすれば殺風景になりがちな空間にグリーンがさりげなく飾られ、居心地のよい大人の住まいとなっています。

無骨リッチ

小さなグリーンを規則的に配置。リビングダイニングがギャラリーのような特別な空間に。

小さなグリーンを壁面に設置された棚に規則的に配置しました。計算された小物使いも効果的です。テーブルの上には盆栽を置き、モダンで上品なダイニングができあがりました。大きなグリーンだと置き場所に困るし、世話がたいへん…という方におすすめしたいグリーンの取り入れ方です。

リノベの最優先項目は「妻の実家の近くに住むこと」

植物やアクアリウムが飾られた隠れ家のようなリビング。

ヴィンテージ家具もモダン家具もどちらも馴染むようにリノベーションされたマンションのリビング。様々なグリーンやアクアリウム、花やキャンドルなどの小物が飾られていますが、不思議と統一感のある落ち着きのある空間になっています。

ヴィンテージもモダンもなじむ、ニュートラルな空間

シンボルツリーとともに過ごす、大きな窓のあるリビング

大きな開口部で光が差し込み、植物にとっても最適な環境のリビング。天井まである壁面収納は大量の本を収納することができますが、植物や小物が置ける棚も設けてあり、圧迫感を与えないように工夫されています。

66/100 木箱・阿佐ヶ谷

都会での一人暮らしのリビング。やすらぎを与えてくれる植物の力。

都心にあるマンションをリノベーションした物件。在宅で仕事ができるようにワークスペースを設けています。リビングの窓際やスピーカーの上など、さりげなく植物が配置され、リラックスできる空間に。スピーカーなど電化製品の上に植物を置く場合は、水が漏れないプランターを使うなどの配慮が必要ですが、水耕栽培の植物なら安心です。

一人暮らしを楽しみながらリノベーションで形づくる"ジブン”らしさ


この記事を書いた人

kaworuさん

狭さや日当たりの悪さなど、マイナス要因をプラスに変えるアイデアをいつも探しています。

最近お気に入りされた事例写真

  • 黒い床のホール
  • 赤坂の家 書斎
  • 子供部屋1
  • キッチン
  • ファミリー

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問