2014年08月27日更新

おしゃれな部屋事例(バス/トイレ)

部屋づくりのノウハウ-洗面の選び方-

洗面室は家族全員が毎日使う場所です。特に朝は家族が同じ時間帯に使うことが多いので混み合いますよね。
また、女性にとってはドレッサーのような役割も兼ねている場所です。
タオル、ドライヤー、細々とした小物や化粧品、家族分の歯ブラシ…意外としまっておく物が多いんです。
洗面室を考えるときは「収納」と「使いやすさ」をポイントに考えると良いでしょう。


洗面ボウルと鏡が2つ並んだ洗面室。
これなら朝の混雑時もストレスなく身だしなみを整えられそうです。

地平線の見える崖地の家

こちらも大きな洗面ボウルに水栓が2つ付いているタイプ。
収納もたっぷりあるのでいつもスッキリ片付けられます。
照明が間接照明になっているのでホテルのように上品なイメージの洗面室になっています。

杉並のタウンハウス

こちらも2つ並んだ洗面カウンターですが、座ってちょうどいい高さになっているのでここでメイクも出来ます。ミラーの形を左右で変えたり、一面だけアクセントクロスにしている遊び心もステキな洗面室です。

colors 色を重ねおいたいえ

天井までのミラーが狭い洗面室を広く見せています。
カウンター下はすべて収納になっているので室内はスッキリ。
清潔感のある白い壁に、ダークカラーの床と木調のカウンターが高級感を演出しています。

Ebenum

ガラスのカウンターで洗面室らしい清潔感のあるクリーンなイメージになっています。
細かいタイルを貼った壁と床もアクセントになっていますね。
カウンター下に収納がない分、ミラーを開けると収納になっています。

PATIO

洗面スペースを家族が集うリビングダイニングの脇に配置しています。
つくり過ぎないさりげなさがインテリアにアクセントを加えています。
照明やタイルも部屋のイメージに合わせて選んでいます。

わたしサイズ

なんとクローゼットに洗面スペースがあります。
起床→顔を洗う→着替る→メイクをするという一連の行動をスムーズに行える斬新な作りですね。ファッションとメイクのコーディネートもばっちりです。

ARAGOSHI


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • 外観9
  • デッキの様子も伺える将来3室に間仕切れる子供部屋
  • ロフトより トムディクソンのペンダントがアクセントに
  • スキップフロアで子供部屋やロフトの気配も感じるLDK
  • リビング1

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問