2016年11月04日更新

インテリア(壁/床)

パイン、オーク、ローズウッド……無垢材フローリングの種類と特徴

注文住宅でもリノベーションでも、「フローリングはやっぱり無垢材で!」という方が増えています。素足で歩いても気持ちがいい質感、年数を経るごとに変わっていく色合いはもちろん、調湿作用があるので日本の風土によく合っているといった自然素材ならではの魅力がいっぱいです。とはいえ、その種類は多く、いざ選ぶとなると迷ってしまうもの……。見た目や価格、塗料はどうするかなど選択の悩みは尽きませんが、ここでご紹介する代表的な無垢材の特徴もぜひ参考にしてみてください。


パイン(マツ)

フローリングなどに使われるパイン材は主に北欧産、北米産。明るい色みと節が多いのが特徴です。柔らかな材質なので足腰への負担も少なく、家具などにも加工しやすいためインテリアのトータルコーディネートも楽しめます。その反面、傷がつきやすいのでご注意を。年月を経ると飴色に変化し、美しい色合いを見せてくれます。

リノベーション会社:Beat HOUSE 「北欧な暮らし」(リノべりす掲載)

ラーチ(カラマツ)

樹脂成分が多く、耐水性に富んだ材質。天然の油脂分が年月とともに赤く色づき、その美しさは黄金色といわれるほど。比較的柔らかい針葉樹の中では硬いので、温かみと耐久性を兼ね備えています。

『NYブルックリン』

スギ

足への当たりが柔らかく温かみがあり、はっきりと美しい節と香りがいいことが特徴です。さらに調湿性に優れ、空気の浄化作用もあるといわれています。汚れや傷がつきやすいので、蜜蝋ワックスなどを塗っておくのもおすすめです。

リノベーション会社:インテリックス空間設計「住まいに求めたのは「暮らしやすさ」~国産スギのぬくもりを感じる住まい~」(リノべりす掲載)

ヒノキ

木目はもちろん、色、艶、香りがとてもいいのはご存知の通り。湿気に強くて非常に腐りにくく、スギとくらべると強度があります。殺菌作用があるので、家ダニなどの虫駆除の効果があるのも嬉しいところ。針葉樹で柔らかいため、表面を硬化塗装して傷や汚れを防止しましょう。

リノベーション会社:Renomama(リノまま)「メゾネットをリノべして、夫婦がほどよい距離感で暮らす」(リノべりす掲載)

オーク(ナラ)

現在日本で使われているフローリングは、このオークが主流。とても硬い材質ながら弾性もあるので、家具やフローリングだけでなくウイスキーなどの醸造樽にもよく使われます。耐水性や耐久性にも優れていて、美しい木目も特徴です。

ルーフバルコニーを生かす広いリビングと開放性のある心地よいパウダールームのある家

チーク

古くから豪華客船の甲板としても使われてきたように、その強度と耐久性は随一。天然の油分を含むため耐水性も高く、腐りや虫食いなどに非常に強い材質です。重厚感たっぷりのやや赤みのある色合いが、年月が経つごとに深みを増すのも魅力です。

大きな部屋と小さな部屋

タモ(アッシュ)

硬く加工がしやすい材質で、何より弾力性があることからバットやラケットなどの運動具材に用いられます。しっかりと木目がありながら優しい印象なので、和洋問わずシンプルなインテリアにぴったり。塗料との相性が良く、着色しても木目が美しく引き立ちます。

リノベーション会社:すむ図鑑「回り階段とセミクローズキッチンで柔らかな家に」(リノべりす掲載)

カバザクラ(バーチ)

カバノキ科に属する樹木のことですが、サクラを連想させるほんのりピンクがかった色彩のため「カバザクラ」と呼ばれています。木目の印象が比較的薄いので、すっきりとした空間に。淡い色合いが優しい雰囲気を醸し出します。

リノベーション会社:すむ図鑑「無機質素材×有機質素材のミックス■カバザクラの床と装飾タイルが演出する空間」(リノべりす掲載)

チェリー

フルーツとしておなじみのアメリカンチェリーの樹木で、この実が赤黒いのでブラックチェリーとも呼ばれます。経年による色変化が最も著しいといわれ、鮮やかな赤みがかった色が濃いレッドブラウンに。華やかな雰囲気から落ち着いた雰囲気へと、インテリアを演出してくれます。

Oさんの大好きなものが集まる大切な場所

アカシア(ミモザ)

独特な木目と濃淡のあるブラウンの色合いが印象的。乾燥による収縮が少ないうえ、非常に硬いのでとても丈夫です。腐食しにくい性質もあり、フローリングだけでなく幅広い用途で使われています。

はじまりの家

ウォールナット

日本語でクルミのことですが、欧米では色合いがまったく違い、少し赤みがかったダークブラウンの木材です。重厚感のあるインテリアによく似合う高級な樹種で、衝撃に強く、耐久性の高さも魅力です。木目も美しく、高級家具などにも使われます。

M邸・家族と囲む、明るいキッチン

ローズウッド(シタン)

濃い紫もしくは濃い赤紫の縞があり、重厚感のある色彩が落ち着いた雰囲気を演出します。非常に硬く緻密な材質なうえ、ヤニを多く含むため虫害や腐りに強いので、古くから家具や仏具、工芸品などに使われてきました。新鮮な木材にはかすかにバラのような芳香を放つものもあり、ローズウッドと呼ばれています。

FIKA-「斬新すぎる」と方針転換、カフェ風に


この記事を書いた人

chokoさん

立地優先で購入した新築分譲マンションに越して2年。シンプルすぎる内装にもう飽き飽きしてきました。。。何十年後かに、フローリングも壁紙もリフォームするのが密かな夢。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビング1
  • リノベーション
  • LDK
  • 寝室
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問