2017年09月12日更新

注文住宅HOW TO(注文住宅 その他)

狭小でも快適な暮らし〜マネしたい工夫盛りだくさんの狭小住宅事例集〜

50平米未満、限られた面積だってこんなに素敵な家に大変身!家を建てる敷地は面積だけではなく、形や建築条件などさまざまな制約があります。その土地の可能性をできる限り引き出し快適な住まいになった、狭小住宅の施工事例をご紹介します。


50平米未満でも素敵な家に!

「狭小住宅」には明確な定義はないのですが、今回は50平米未満(約15坪)以下という制約がある中でも素敵にリノベーションした事例を紹介します。50平米未満で家を効率よく活かすにはどうしたらいいかと考えている方、ぜひ参考にしてみてください。

注文住宅事例「超狭小変形角地の2階建てスキップフロア」

限られたスペースだからこそ考えられたつくり

9.5坪・3階建ての住宅です。限りあるスペースだからこそ、細部まで考えられたつくりになっています。

トップライトを設け、吹き抜けから明るい光が1階まで届くように。キッチンはペニンシュラ型のコンパクトなものを採用し、ダイニングテーブルの一辺をキッチンカウンターに付けてスペースの無駄をなくしています。

家族で居る時間が一番長いリビングを2階にして、一部を吹き抜けの高い天井にすることで圧迫感を軽減するなど、細かいところまで工夫が見られますね。

注文住宅事例「羽根木の家-9.5坪の敷地に」

細長い敷地を上手く活かす

都市部の住宅密集地に位置する住宅。両隣とも至近距離に住宅があるので、側面に窓を設けないで明るさを確保しています。こちらもトップライトを利用して、上から光を取り入れ、吹き抜けとスケルトン階段で光を下まで届けています。

注文住宅事例「神楽坂の家」

バスタブの設置にも工夫が見られます。細長いスペースに合わせて、一般ではあまり見かけない短辺方向から入れるように。奥の壁タイルを白にして、天井の折り上げ部分に設けた照明を反射させることで奥行きを出し、広く見えるようになっています。

注文住宅事例「神楽坂の家」

43平米のリノベーション!賃貸用の古い戸建住宅が和風モダンな家に

和室中心だった古い賃貸用戸建住宅。「若い方に借りてほしい」というオーナーの希望を実現すべく、古さをうまく活かしたリノベーションを施しました。

大容量の本棚と障子からの優しい光がふりそそぐ和風モダンな仕上がり、土間の広い玄関ホールはご近所の方が来てもおしゃべりが楽しめる空間となっているので、活気ある若い人が喜んで借りてくれそうなデザインです。

賃貸物件としての価値も上々の家として生まれ変わりました。

リノベーション会社:青木律典 | 株式会社デザインライフ設計室「四つ間の家 -町田の戸建リノベーション-」(リノベりす掲載)

45平米のリノベーション!将来的には子供部屋を2つに分ける家

小さな兄妹2人の子供がいるお家です。階段周りに小さな吹き抜けがあるのでコンパクトながらも視線が抜け、明るく広がりあるように見える工夫がされています。

現在は広い1室の子供部屋ですが、今後成長に合わせて2人分の個室として独立させる予定に。ドアも引き戸が使われているので空間に無駄がありません。木のぬくもりを感じながら、子供の成長を楽しく見守ることができるお家です。

リノベーション会社:+Marchitects(プラスエム・アーキテクツ)「小さな吹抜けで つながる安心」(リノベりす掲載)

コンパクトな中にも快適さを追求した家。使いやすいだけではなく、広く見せる工夫が随所に見られました。限られたスペースだからといって妥協せず、家族構成やライフスタイルに合わせたさまざまな工夫で素敵な家をつくっていきましょう。

この記事を書いた人

さくらゆきのさん

都会の住まいや暮らしをいかに楽しい家にしていけるかを試行錯誤中です。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • 家事室・作り付け収納棚
  • ダイニングキッチン
  • クローゼット
  • リビング
  • 外観
自分らしい家、誰とつくる?