2017/02/20更新1like7466viewchoko

これだけは知っておきたい!吹き抜けのメリット&デメリット

戸建ての住まいを手に入れるとき、吹き抜けのある家に憧れる人も多いはず。吹き抜けは必ず作りたいと、始めから決め込んで間取りを考えるといった人も多いそうです。確かにあの広々とした開放感、太陽の光があふれる明るさを我が家で味わいたいと思うのもうなずけます。今回は吹き抜けのメリット・デメリットや、デザイン性の高い実例をご紹介します。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

吹き抜けとは?メリットとデメリットは?

吹き抜けとは、2階またはそれ以上の階にわたって床や天井を設けず、ひと続きにつながっている空間のこと。魅力的と思われがちな吹き抜けですが、もちろんデメリットもあります。当然ですが、吹き抜けの部分は2階に部屋を配置できないので、居住スペースは減少します。また、空間が広がるぶん、冷暖房の効率が下がるのはやむを得ません。照明の交換や天井付近の掃除がしにくいのも難点です。

ここでは、家のさまざまな場所に設けられた吹き抜けをご紹介しながら、その魅力と注意点に着目。間取りを決める際や新たな家に住み始める前に、ぜひ参考にしてください。

吹き抜けの王道といえばリビング

ゆったりとくつろぎたいリビングが開放感あふれる吹き抜けなのは、やはり魅力的。天井が高い分、窓を大きくとればさらに気持ちのいい空間になります。冷暖房効率は悪くなるので、天井にシーリングファンをつけて空気を循環させるなど工夫が必要です。

中心に吹き抜けを設け一体感のある家に

薪ストーブのあるリビングから、家のどの場所にいてもミュニケーションがとれるというのがこちらのお宅。2階の手すりは隙間の間隔が広いものにしたので、声も気配もよく伝わります。さらに2.5階に設けた子ども部屋にも小窓をつけ、そこから階下とやりとりできるようにしました。また、薪ストーブのあるリビングを吹き抜けにすることで、家全体を暖めることを可能にしています。
カキザワホームズ「冬をあたたかく過ごす家【2300万円】」

ダイニングが吹き抜けなら大人数が集まってもゆったり

家族が集まることの多いダイニングも、吹き抜けにすれば広々として居心地よくなります。ただ、ダイニングに隣接してオープンキッチンがあると、料理の臭いが2階まで広がるので注意が必要。このように2階の吹き抜けの周囲に壁面を多用したり、廊下を設けて部屋までに距離をとるなどの対策をすれば万全です。

料理のにおい問題も配置で解決!キッチンを吹き抜けに

料理のにおいが広がりやすいため吹き抜けには不向きといわれるキッチンですが、こちらのお宅は、セパレートキッチンにしてコンロは壁側に設置するという工夫。吹き抜けの下はシンクのみなので、臭いの心配も軽減されます。また、シンクがダイニングテーブルと一体になった造りなので、キッチンにいてもダイニングにいても2階にいる子どもの様子がうかがえるのも嬉しいところです。

吹き抜けの玄関はその家の居心地の良さを象徴

玄関は訪れる人たちが家の第一印象を決める大切な空間。それが開放感あふれる吹き抜けだったら、お客様をお迎えするのに申し分ありません。とはいえ、外とつながる玄関は、夏は暑く冬は寒くなりがちなので、エアコンなどの設備も検討するとよいでしょう。

階段もある玄関ホールを吹き抜けに

階段が直結した玄関を吹き抜けにすると、さらに空間が広がって開放的になります。こちらのお宅も、家族の一体感を得られるよう家全体がワンルームのような開放感が欲しいと、玄関、土間、階段部分を吹き抜けにしました。大型のガラス窓を設けていたり、山近くの造成地という立地もあって、防寒対策は必須。リビングとの境の土間と階段部分にはポリカーボネートの建具を施工し、リビングだけでなく土間にも床暖房を設置しています。

和室を吹き抜けにしてみるのも一案

和室に吹き抜けを設けるのはなかなか見かけない事例ですが、こちらはもともとあった2階を減築して吹き抜けにしています。築40年の日本家屋の暗さを改善し、耐震対策として2階を減築したのだそう。最近は畳の特性や和室の快適さが見直されているので、リビングを和室に、さらにそこを吹き抜けにという選択も増えてくるかもしれません。
吹き抜けのメリットだけでなくデメリットも知り、さらにその対応策もあらかじめ知っておくことで、ますます快適な空間が実現できるはず。
吹き抜けのある開放感たっぷりの住まいを手に入れてみませんか?
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る