2016年11月23日更新

おしゃれな部屋事例(ベッドルーム)

冬の眠りをもっと快適に。あったかベッドルームコーデ7選

寒い冬を快適に過ごすためには、ベッドルームのコーディネートが重要です。まだ冬仕様になっていないという方は、ぜひ事例を参考にあったかコーディネートにしてみませんか。今回は、SUVACO事例からおすすめのアイデアをお届けします。すぐに真似できるものもありますので、チェックしてみてください。


窓からの冷気は二重カーテンでシャットアウト

窓からの暖かな光が入る明るいベッドルーム。イエローのベッドカバーが温かみのある空間を演出しています。大きな窓からは冷気が入ってきてしまうので、レースカーテンと厚手のドレープカーテンでしっかりシャットアウトすることをおすすめします。

No.56 30代/2人暮らし

ニット素材で温かなベッドルームに

ベッド周りのアイテムに起毛やニット素材などのあったか素材を取り入れることで、見た目も体感的にも温かみがでます。ベッドカバー全体は難しくても、ひざ掛けやクッションカバーなら気軽に取り入れやすいのではないでしょうか。

神戸M邸

ベッドルームを個室風に

LDKに間仕切り壁を設けてゾーニングしたベッドスペース。壁が一枚あるだけで冷気を遮断でき温かく過ごせます。温もりのある電球色のライティングも冬のベッドルームにぴったりです。

老後の暮らしを見据え、ゆとりと動きやすさを兼ね備えたシンプル&フラットなひろびろワンルーム

壁がない場合はカーテンで代用

壁をつくることが難しい場合は、カーテンなどで代用するのもひとつのアイデア。冷たい空気が直接入ってこないようにすることで、寝ている間の寒さ対策にもなります。

ミニマルで豊かな家

電球色のライティングで温もり溢れる空間に

温かみのある照明は温もりのある空間の必須アイテム。特に電球色は温かさを感じさせるだけでなく、落ち着いた印象を与えるのでベッドルームにぴったりです。

リビングにサンル-ムを

ラグやリネンを冬仕様に

足元に毛足の長いラグ、ベッドリネンにも暖色系のイエローを取り入れて素材や目からも温かさを醸し出しています。ベッド周りのコーディネートを季節ごとに変えていくことで、気分転換になるだけでなく、その季節に合った快適な眠りを助けてくれます。

SooS house

寒さ対策に窓から離してベッドを設置

窓際にベッドを配置すると、冷気で体を冷やしてしまうことも。間取り上窓近くにベッドを置かないといけない場合は、できるだけ離して設置するようにしましょう。こちらの事例のように扉がない場合は、カーテンで空間を仕切るのもおすすめです。

K邸-洗面所を外に出し、引き戸で広さを

ニットや起毛といった冬ならではの素材を使ったファブリック、温かみのある照明は冬のベッドルームを快適にしてくれます。さらに、カーテンなどを使って冷気をシャットアウトすることで、暖房機具の効きがやくなったり、体の冷えを防いでくれます。あなたも本格的な冬を前に、ベッドルームを模様替えしてみませんか。

この記事を書いた人

naomiさん

フリーランスのライターとして活動している1児の母naomi(naomi.spring)です。
インテリア記事の他、ファッション・ライフスタイル記事を書いています。
我が家をリフォームしたことで、リフォームの可能性を知りました。
モノに埋もれるのではなく、モノを生かしたシンプルな住まい。そして、居心地の良い住まいづくりを目指しています。

naomi(naomi.spring)ホームページ:http://naomi-spring.com/



最近お気に入りされた事例写真

  • エントランス
  • リノベーション
  • シューズインクローク
  • 外観
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問