2016/11/23更新0like7473viewNaomi.Spring

冬の眠りをもっと快適に。あったかベッドルームコーデ7選

寒い冬を快適に過ごすためには、ベッドルームのコーディネートが重要です。まだ冬仕様になっていないという方は、ぜひ事例を参考にあったかコーディネートにしてみませんか。今回は、SUVACO事例からおすすめのアイデアをお届けします。すぐに真似できるものもありますので、チェックしてみてください。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

窓からの冷気は二重カーテンでシャットアウト

窓からの暖かな光が入る明るいベッドルーム。イエローのベッドカバーが温かみのある空間を演出しています。大きな窓からは冷気が入ってきてしまうので、レースカーテンと厚手のドレープカーテンでしっかりシャットアウトすることをおすすめします。

ニット素材で温かなベッドルームに

ベッド周りのアイテムに起毛やニット素材などのあったか素材を取り入れることで、見た目も体感的にも温かみがでます。ベッドカバー全体は難しくても、ひざ掛けやクッションカバーなら気軽に取り入れやすいのではないでしょうか。

ベッドルームを個室風に

LDKに間仕切り壁を設けてゾーニングしたベッドスペース。壁が一枚あるだけで冷気を遮断でき温かく過ごせます。温もりのある電球色のライティングも冬のベッドルームにぴったりです。

壁がない場合はカーテンで代用

壁をつくることが難しい場合は、カーテンなどで代用するのもひとつのアイデア。冷たい空気が直接入ってこないようにすることで、寝ている間の寒さ対策にもなります。

電球色のライティングで温もり溢れる空間に

温かみのある照明は温もりのある空間の必須アイテム。特に電球色は温かさを感じさせるだけでなく、落ち着いた印象を与えるのでベッドルームにぴったりです。

ラグやリネンを冬仕様に

足元に毛足の長いラグ、ベッドリネンにも暖色系のイエローを取り入れて素材や目からも温かさを醸し出しています。ベッド周りのコーディネートを季節ごとに変えていくことで、気分転換になるだけでなく、その季節に合った快適な眠りを助けてくれます。
スーパーボギープランニング「SooS house」

寒さ対策に窓から離してベッドを設置

窓際にベッドを配置すると、冷気で体を冷やしてしまうことも。間取り上窓近くにベッドを置かないといけない場合は、できるだけ離して設置するようにしましょう。こちらの事例のように扉がない場合は、カーテンで空間を仕切るのもおすすめです。
ニットや起毛といった冬ならではの素材を使ったファブリック、温かみのある照明は冬のベッドルームを快適にしてくれます。さらに、カーテンなどを使って冷気をシャットアウトすることで、暖房機具の効きがやくなったり、体の冷えを防いでくれます。あなたも本格的な冬を前に、ベッドルームを模様替えしてみませんか。
お気に入りに追加

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション・注文住宅の事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

リノベーション会社や建築家、工務店など家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る