2015年06月01日更新

インテリア(その他)

アートの取り入れ方~空間にエッセンスを~

美しいものをそばに置くと心は癒され、空間の華やかさは増します。グリーンや花には生きるものとしてのパワーがみなぎり、儚さを兼ね備えているからこその美しさを持っています。しかし、忙しい現代の生活でグリーンや花の手入れを生活に組み込むことが困難な場合があります。そこで、おしゃれに、簡単に美しいものを身近に飾ってみませんか?こちらでは生活の中にアートを上手に取り入れる方法をご紹介します。肩の力を抜いて、身近なアートを楽しんでみましょう。


床の間にアートを。

掛け軸の代わりにアートを飾れば、一歩先ゆく和モダンな空間の完成です。
和室に飾る場合、事例のようなリアリティのあるアートは空間をよりシャープに、曲線を用いて作られたアーロは温かみをプラスする、そんな効果があるようです。

中庭のある家

モノクロの世界観に酔いしれる

モノクロでプリントするとカラーの世界観とだいぶかわりますね。小さめのアートは複数飾りで存在感をだすことができます。シャープな印象の飾り棚にモノクロの世界観がマッチしています。

R306@渋谷

陰影を楽しむ

長い玄関土間の先にオブジェを飾っています。自然光、照明に照らされたとき、陰影により様々な表情を見せることでしょう。陰影こそ、立体的なオブジェの醍醐味と言えます。

「ウチソトの間合」-大阪のリノベーション-

ウォールステッカーで大胆デコレーション

白い壁を最大限に利用して、ウォールステッカーを貼りました。鏡部分は引き戸になっており、姿見として利用するだけでなく、空間を広く見せる効果もあります。

水回りとWICを1か所にまとめて LDKをゆったりと

狭い空間にあえて大きめのアートを飾る

書斎という小さな空間にあえて大きめのアートを飾っています。アートに視線を集中させることで、空間のごちゃつきを紛らわせてくれています。裏側に物を置いて目隠しにも最適ですね。

永福町の家

色違いの効果

色違いで複数飾ると、ひとつ飾るよりもよりおしゃれに仕上がります。モダンな雰囲気を演出してくれますね。

HAKUZANSOU~白山荘~

計算された演出でアートなおもてなし

撮り下ろした写真を引き伸ばし建具にはめ込んだ、カメラマンならではのおもてなし。向かい側に設置された鏡には背景として映り込む、心憎い演出も忍ばされています。写真ならではの迫力を感じる一枚です。

orisaku house


この記事を書いた人

20061123snsmさん

すっきりと、丁寧に。そんな暮らしをめざして、おしゃれで居心地のいい空間を探求中です。

最近お気に入りされた事例写真

  • テラス
  • アトリエ
  • 庭
  • 庭
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問