2016年05月24日更新

リフォーム・リノベーション(専門家紹介) , 注文住宅(専門家紹介)

オリジナルな作品を得意とする「建築家:須藤剛/ツドウデザインスタジオ」

「どんな家を作りたいですか?」と聞かれたらあなたは何と答えますか?趣味がしやすい家?それとも家族が集まれるリビングの広い家?みなさんそれぞれ思い描く家があると思います。そんな思い描く家を実現するために「ツドウデザインスタジオ」に相談してみてはいかがでしょうか。


「建築家:須藤剛/ツドウデザインスタジオ」とは

ツドウデザインには、「集うデザイン」という意味が込められています。家は出来上がったら完成なのではなく、そこに「集う」ことで完成とするという考えです。

建築家:須藤剛/ツドウデザインスタジオ

家族の成長とともに変化できる自由な家

ソファの後ろにある間仕切りは引込戸になっているので、開けることで2部屋が繋がり簡単に間取りの変更ができるようになっています。半透明の間仕切りは閉めていても圧迫感を感じさせません。

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション) (リビング)

住み続けているうちに家族の形も変化し、間仕切りが必要になったり、不要になったりすることがあります。その変化を見据えて可動式の間仕切りにしておけば柔軟に対応することが可能です。

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション) (子供部屋)

リビングの一角にある書斎にも引込戸が設置されているので、戸を閉めれば個室のようにして使うことができます。

家族の成長とともに変化できる自由な家(武蔵浦和のリノベーション)

やりたいことは全部やってコストは抑える、身の丈リノベーション

玄関を開けるとすぐキッチンになっている間取りですが、引込戸を設置しているので戸を閉めて玄関とキッチンを間仕切ることもできます。引込戸を壁と同じカラーのホワイトにすることで広く感じることができます。

やりたいことは全部やってコストは抑える、身の丈リノベーション(中浦和のリノベーション) (キッチン)

ホワイトのタイル張りの洗面室と浴室は、窓が無くてもライトの灯りがタイルに反射してとても明るくみせてくれます。仕切りにはガラスを採用すると、洗面室と浴室が一体化し広く感じることができます。

やりたいことは全部やってコストは抑える、身の丈リノベーション(中浦和のリノベーション) (バスルーム)

ツドウデザインスタジオのリノベーション事例は、どれもまさに「痒い所に手が届く」住まいのです。ぜひ相談してみてください。


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングルーム
  • スタジオのようなリビング
  • リビングルーム
  • ダイニング
  • 畳下収納

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問