2015年11月25日更新

リノベーション会社・建築家紹介(建築家・設計事務所紹介)

”これしかない!”と納得できるものを目指す『建築家:仲摩邦彦』

仲摩氏は、狭小住宅や二世帯住宅、変形地を得意とする建築家です。2000年に設計事務所を設立し、そこでしかできない個性的な家づくりの実現に取り組んでいます。


コンセプト

仲摩氏が目指すものは、一つ一つを丁寧に取り組むことで「これしかない!」と納得できる家づくりです。

建築家:仲摩邦彦

プロジェクト紹介その1:建坪16坪の二世帯住宅

建坪16坪の敷地に二世帯5人が暮らす家。狭小住宅でありながらも敷地内の駐車スペースを設け、玄関アプローチと兼ねています。駐車スペースにゆとりがあることで玄関へのアプローチもスムーズになっています。駐車スペースの屋根は、格子状になっていおり、雨は通してしまいますが、その分光を通してくれるので圧迫感のない明るい玄関をつくることができました。

二世帯住宅事例「MS-House」

2階です。駐車スペースの屋根部分がリビングダイニングに面したテラスになっています。鉄の格子のテラスは、雨と光を通すことで建ぺい率として規制されることなく、リビングダイニングを従来よりも広く開放的に感じさせることができました。

二世帯住宅事例「MS-House」

廊下に面するキッチンはガラス張りにすることで、廊下と階段部分が明るく広さを感じられる作りになっています。

二世帯住宅事例「MS-House」

プロジェクト紹介その2:海と山の境目の崖に建つ木の箱のような二世帯住宅

南側はすぐ山になっているので、大きな窓を設置してもプライバシーを守ることができます。大きな窓からは広い庭の景色が広がります。

二世帯住宅事例「YK-House」

室内と中庭の床に段差が無いことで、空間のつながりを感じることができます。半透明の屋根は明るく心地よい日差しがさしこみます。

二世帯住宅事例「YK-House」

もちろん海に面する立地のメリットはこの景色ですね。食事をしながら目の前に広がる海を眺めることができる大開口の窓を設置しています。

二世帯住宅事例「YK-House」


この記事を書いた人

hypericumさん

子供やペットがいても実現できる、シンプルでナチュラルな空間を求めて日々研究中。趣味は部屋の模様替えとアロマテラピー。

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた写真

  • 玄関-中
  • オウチ16 金沢の川を望む家
  • キッチン
  • ダイニングスペース
  • 土間
自分らしい家、誰とつくる?