2014年09月20日更新

おしゃれな部屋事例(外観)

建築家の提案する芸術的な白い箱!

白い箱といえばモダニズム建築を彷彿させます。装飾のないリニアでホリゾンタルな構成が特徴的、また機能的で合理的現在の建築の基礎ともなり、地域を越え国を越えて普遍的なデザインとして位置づけられてます。
レファーされるべき点は色だけではありませんが、「白い箱」であることによって解釈されるデザインの内容は幅を広げ、多岐に渡りディベートの対象になることも多いです。
とはいえ、「白」という美しさ、清潔感、シンプルさ、またはメンテナンスの容易な点などから、外壁に白を採用する人も多く、これも「白」という色のもつ普遍的な魅力の一つなのでしょう。また、美術館やギャラリーなどの展示空間にも、白い箱は採用されています。作品たちへの敬意から、適応色である白を基調とする空間は多く見られます。そんな「白」の魅力をいくつかの例をご紹介いたします。


カリフォルニアに建つ小さなギャラリーです。
考え抜かれた立体美が、屋内外問わずギャラリーとしての控えめで簡素な美しさを彷彿しています。

archdaily.com

出典:archdaily.com

東京郊外の二世帯住宅。強い個性のえんぴつのようなボリュームと、その隣に添えられるように置かれた小さな箱。双方共に機能を別にして2世帯分の住空間としています。
白く塗装されていることにより、更にシンボリックさが加味されている住宅です。

HouseK

一見シンプルなキューブの構成のようですが複雑なボリュームが方々から挿入されています。
その隙間から、採光やアクティビティをふんだんに取込む住宅です。
全体を白で統一し、外壁の立ち上がりや屋根のパラペットを丁寧に納めていることから、複雑なキューブ感をシャープに演出しています。

HouseM (外観)

十字に空いたスリットから様々な情報が往来しています。それは住み手からも、家の前を通り過ぎる人からも感じられるコミュニケーションツールのようなものです。この十字があることにより、白さを強調させ、立体としての白い箱に複雑性を加味させ、より偶発的な発見が日常的に楽しめることでしょう。

スキマノイエ (外観6)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

最近お気に入りされた事例写真

  • ダイニング2
  • 洗面所 - バスルーム
  • 明るく使い勝手のよいL型キッチン
  • 緑を感じる庭
  • リビング

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問