2018年11月27日更新

リノベーションHOW TO(リノベーション住宅ノウハウ)

リノベーションが人気の理由と今後の予想

私がリフォームの仕事に就いたのは20年ほど前。新築ラッシュやバブルの時代を経て、リフォームという言葉がまだ耳慣れない時代でした。当時の勤務先の社長が「これから日本ではリフォームが流行する」と豪語していた通り、今やリフォーム、リノベーションという言葉はすっかり定着しています。リノベーションはなぜ人気を獲得したのかを考えるとともに、今後についても予想してみます。


リフォームとリノベーションの違いとは?

リフォームとリノベーションの解釈はさまざまですが、一般的にリフォームとは「現状回復」といわれます。
つまり、壊れたもの、老朽化したものを元に戻すということ。
たとえば「浴室が老朽化したので新しいものに変える」ような工事を指します。

一方でリノベーションとは「改築」を意味し、比較的大きめの工事を指します。
設備だけでなく、自分のライフスタイルに合った間取り変更を行ったり、好きなインテリアにこだわった内装を施すことで、古い家を蘇らせ、価値を向上させることをリノベーションと呼ぶ場合が多いです。

> この住宅のすべての情報を見る

なぜ今、リノベーションが人気?

以前は新築を買うことがステイタスとされてきましたが、現在は少子高齢化が進み、人口は減り続け、空き家が増えてきました。銀行は中古物件購入+リノベの一体型ローンを打ち出し、国も積極的に空き家対策に乗りだしています。

そんな中、リノベーションは新築を購入するより安く選択肢が多いこと、デザインや間取りの自由度が大きいこと、さらに、古いものを魅力とする若者の傾向などが重なり、人気に火がついたと考えられます。

家は「新しいものがいい」時代から、「自分らしく住まう」時代に変わりつつあるのです。

> この住宅のすべての情報を見る

中古住宅の魅力

日本の中古住宅の割合は年々増加傾向にあるものの、全体の住宅比率では2割弱です。
これがヨーロッパだと、地震の頻度や工法の違いはありますが、8割程度が中古住宅といわれます。長く大切に歴史を刻んできた古い家の方が価値があるのです。

実際、私の実家は築100年の古民家ですが、大工さんが来るたびに「今の日本では、こんな材料を使ってこんな造りはできない」と言われ、壊さず改修を続けてきました。
そこには新築にはない、時を刻んだ趣があるのです。

> この住宅のすべての情報を見る

リノベーション業界の進化

リノベーションは当初、主に住宅メーカー、リフォーム業者、設計事務所などが行ってきました。

最近では、不動産業、家電量販店、デザイン事務所などさまざまな業種が、得意分野を生かしたリノベーションを行っています。具体的には、有名アパレルメーカーがつくるデザインに特化した家や、古いマンションをスケルトンにして、フルリノベをして販売している人気の高い物件などがそうです。

> この住宅のすべての情報を見る

人気のリノベーションと今後の予想

最近は部屋数をあえて減らし、リビングや収納スペースを大きくとったものが多いです。室内窓を取り入れている家も増えてきました。

壁にはアクセントクロスやタイルを張り、オープン棚にはお気に入りの物を飾る……。リビングドアはチェッカーガラスに陶器の取っ手など、服やカバンだけでなくインテリアにこだわる時代がきています。

どれも、「自分らしく」がキーワードになっているよう。今後はすべてを施工会社に頼らず、自分の思い通りに造るDIYの人気もさらに加速していくでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

今後リノベーションを考えている人へ

リノベーションにかかる費用は、年々増加傾向にあります。
そうはいっても、家庭によって予算は違いますよね。予算内でよりよいリノベーションをしたいものです。

リノベーションを考えている方は、
●予算と優先順位を明確にしておくこと
●合い見積りをとり、金額だけでなく会社の特性や担当者との相性を比較すること
●イメージは言葉でなく、写真で伝えること

などを頭にいれておくとよいでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

リノベーションは今後も注目され、発展していく傾向です。自分らしい住まいを追及して、快適な住まいを手に入れてみませんか。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

mieさん

インテリアコーディネーター・キッチンスペシャリスト・福祉住環境コーディネーター
家具メーカー、マンションリフォーム、住宅メーカー、新築マンションのインテリアコーディネートなどインテリアに関する様々な仕事を経験してきました。
中学時代に「私の個室」というインテリア雑誌に魅せられ
将来インテリアコーディネーターとして活躍する夢をもち
それを今も持ち続けながら日々奮闘しています。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか