2018/08/18更新0like2891viewゼロリノベ

【実例】新居で、ずっと愛せるキッチンを手に入れる方法

新しい住まいを手に入れようと、様々な物件を見ているときに、部屋はきれいなのにキッチンはなんだか普通…と感じたことはありませんか?

例えば中古マンションだと設備も古くて見た目もちょっと…。新築マンションにしてみても、キレイで最新の設備が入っていて便利だろうけど、ステンレスで洗練されたカッコよさはあんまり趣味じゃない…など。

海外にあるような、決して最新ではないけれど、味があってかわいくてといったキッチンが好きな方にとっては、これは住まい全体よりも大問題だったりします。

そこで今回は、オリジナルキッチンを使っている例をご紹介しながら、満足のいくキッチンを手に入れる方法をお伝えしていきたいと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

目黒Nさんご家族の会話のしやすいキッチン

こちらのキッチンは、造作された完全オリジナルのキッチン。以前のお住まいでは、奥さんは夕食の準備や皿洗いなどを自分一人で壁に向って、もくもくとやるのがとてもストレスだったそうです。

リビングとつながりが持てるキッチンのあるこのお住まいに変わってから、とても自然体で家事をこなすことができるようになったそうです。お子さんとも一緒に過ごせる楽しいキッチンですね。

千葉Sさんご夫妻の大規模Ⅱ型キッチン

こちらはたくさんの料理に挑戦できそうなⅡ型キッチンをご希望されたSご夫妻の造作キッチン。トータル5.2メートルはかなりの広さです。

キッチンの広さへのこだわりはもちろんのこと、1つ1つの調理器具も「見せる収納」として、吟味して選んでみたくなる、ちょっとレトロな壁もいい味を出しています。ル・クルーゼやストウブといった、持ってるだけでも満足するような器具がしっくりと納まるキッチンになっています。

自分だけのキッチンを手に入れるには

実際、新築マンションや戸建て、あるいはリフォームされた中古マンションには、ありもののキッチンを使用することが多いため、物件を探しているだけでは、理想のキッチンに出会う確率は低いでしょう。

そこでオススメなのが中古マンションのリノベーションです。リノベーションは、部屋の間取りを取り払い、キッチンをどこにするか、デザインは?サイズは?どんな気分でそこを使いたいのか?といったところから設計、造作していくことが可能です。それこそ、長く使っていく自分だけのお気に入りの場所にふさわしいものを作ることができます。

費用面でも、中古マンションのリノベーションは、同じ地域、同じ広さの新築マンションの半額+アルファの予算で手に入れることもでき、住宅に使うはずだった予算を子どもの教育費や老後の生活にあてることも可能になります。

近年、中古マンションのリノベーション事例が増加しているのも、こだわりと予算の両得が理由のひとつになっているのかもしれません。
新しい住まいを検討中の方は、自分たちのこだわりを一緒になって実現してくれるような住宅会社に相談してみてはいかがでしょうか。
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例写真をみる

キッチン(台所)の住宅事例写真を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る