2018/09/22更新1like1779viewゼロリノベ

【実例】マンションでもここまでできた!オリジナルのお風呂がある暮らし

ずっと使うお風呂だからこだわりたい!お風呂は、1日の疲れを癒し、身体をリセットするとても重要な空間です。中には、住まいの中で1番こだわりたい場所だという方もいるくらいです。確かに、1日の内で完全に一人でゆったりできる場所はお風呂ぐらいかもしれません。

そんな大切な癒し空間であるお風呂。今回は、こだわりのオリジナルお風呂のある暮らしについて触れていきたいと思います。

SUVACOが専門家をご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOがご要望に合ったプロを提案します。

▽ 目次 (クリックでスクロールします)

目黒N邸

一件目は、目黒にお住まいのNさん宅。こちらは、タイルを貼るための下地であるモルタルをそのまま使用した落ち着いた雰囲気のあるお風呂。バスタブをなるべく広く確保し、ゆったりくつろげるように配慮。しかも、タイルを貼らずに低予算に仕上がっています。

こだわりのポイントは照明。日本のお風呂は海外と比べて明る過ぎて落ち着かないのだとか。そのため間接照明をメインとして、目にも優しいくつろぎ空間になっています。

浦和E邸

二件目は、浦和にお住まいのEさん宅。こちらはご主人の強い要望で、バスタブのある側に大きな窓があり、キッチンからもお風呂場が覗けるようになっています。これによって、キッチンの奥にある外の景色を楽しめる開放的なお風呂になっています。

空間全体を白基調にし、より広く感じるとともに、外の景色に自然と目がいくよう配慮された外を楽しむためのシンプル設計となっています。

お風呂をオリジナルにする方法は2つ

実はお風呂を自由に設計するための住宅購入の選択肢は思っているよりも少なく、注文住宅として、建物自体を最初から全て作っていく方法が1つ。もう1つは、中古などのマンションをリノベーションする過程で以前の間取りを全て取り払い、空間全体を設計しなおす方法です。

戸建てや新築マンションには型番の決まったお風呂が1つのユニットとして入っているので、お風呂だけ大きくしたりデザインを変更するというのは予算的にも大変です。

注文住宅を購入するとなるとかなりの予算が必要になるため、多くの方にとっては、中古マンションのリノベーションが現実的な方法となります。
新しい住まいにオリジナルのお風呂も欲しいという方は、中古マンションのリノベーションに強い住宅会社に相談してみてはいかがでしょうか?
お気に入りに追加

この記事を書いた人

SUVACOでできること

家づくりについて学ぶ

「自分らしい家づくり」に大切な、正しい家づくりの知識が身につくHowTo コンテンツ集です。

専門家を無料でご提案

家づくり・リノベーションはどこに頼むのがいい?SUVACOの専任アドバイザーが全国1,000社以上からご希望に合うプロをご提案します。

住宅事例をみる

リノベーション事例を見たい方はこちら

家づくりの依頼先を探す

家づくりの専門家を探したい方はこちら

おすすめの記事

住まいの記事 カテゴリー一覧

知っておきたいQ&A

あなたの要望に合った家づくり・リノベーションのプロをご提案

専門家紹介サービスを見る