2017年05月09日更新

インテリア(その他)

貴重な木材(ウォールナット・チーク・マホガニーなど)を使ったラグジュアリーな住まい

世界には「銘木(めいぼく)」といわれる大変貴重な木材があるのをご存じですか?世界の三大銘木といわれるのは、ウォールナット、チーク、マホガニー。これにアッシュを加え、世界四大銘木ということもありますね。

銘木を内装や建具に用いたり、家具を揃えることで、とても高級感のある空間になります。今回は、昨今特に貴重となった木材を用いた高級感あふれる住まいをご紹介いたします。


木材の市場価値はどのように決まる?

木材は自然界で成長するものなので、人間が手をかけ成長を促したとしても限界があります。そのため、需要が増え伐採が進むことで、貴重な木材はさらに入手困難となり、価値が高くなります。

欅(ケヤキ)

木目が大きく、とても優雅で美しいケヤキは、古くから日本人に愛されてきました。「家を繁盛させる」といわれる縁起の良い木で、日本建築では大黒柱や床の間などに広く用いられます。

ケヤキの無垢板の囲炉裏は大きく存在感があり、木造住宅のリノベーションをクラスアップしています。

戸建リノベーション・リフォーム事例

囲炉裏のある家

ウォールナット

ウォールナットは割と最近日本でも人気が出てきた木材です。光沢があり、落ち着いた色合いで、床材やダイニングテーブルに用いると部屋が締まり、都会的な雰囲気になります。また特長として、だんだんと色が明るくなるという、ウォールナットの経年変化があります。


とても美しい造作キッチンは、ウォールナットで統一されています。耐久性に優れた木材なので、キッチンの床材しても適しています。

マホガニー

磨けば磨くほど光沢が出るマホガニーは、耐久性があり狂いも少ないので、家具や楽器に最適な木材です。ですがワシントン条約で規制され、市場に出回りにくくなっているので、近い木材を「〇〇マホガニー」という商品名をつけ、販売することも少なくありません。


「マホガニーのディンギーヨットをモチーフにした部屋を作りたい」という要望からつくられた部屋。マホガニーを思わせる風合いの収納棚を設置し、お気に入りのヨットのイメージづくりに成功しています。

マンションリノベーション・リフォーム事例

dinghy—上質でスタイリッシュな大人の空間

1100万円、50㎡

チーク

チークはマホガニーと並ぶ高級木材です。木材としての耐久性が強く、油分を多く含むため、その特性を生かして船の甲板やキッチンの水回りに用いられてきました。


床材に美しさと丈夫さを兼ね備えた無垢のミャンマーチークを使用しています。光沢のある飴色で、経年変化で色は濃く深くなり、より高級感が出てくるのも楽しみですね。

マンションリノベーション・リフォーム事例

本物嗜好!贅を極めた空間。

ローズウッド

日本では「紫壇(したん)」、洋家具に用いられる時に「ローズウッド」と呼ばれます。ローズウッドもマホガニー同様、ワシントン条約で輸出入が規制されているため、似た木材を「ローズウッド」という商品名で販売することもあります。


ローズウッドのシックなフローリングと白いソファとの対比が美しい空間です。シンプルなインテリアなので、ローズウッドの緻密で光沢のある木目の魅力が存分に活かされていますね。

マンションリノベーション・リフォーム事例

Vesper-リッソーニのソファが入る93m²の部屋

1500万円、92㎡

いかがでしたでしょうか。銘木を用いた空間は、ずっと見ていても飽きないですよね。無垢材を入手するのは現在難しい木材もありますが、突板で美しい木目を楽しむのも手です。

専門家に木材の価値や特長を聞き、適材適所に用いる事で、経年変化やメンテナンスを楽しむこともできるでしょう。是非参考にしてください。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

yuriyuri*さん

インテリア好きが高じて、インテリアショップ、ショールームなどで働く。
家族は夫と小学生の子どもがふたり。
目下、子ども部屋作りのことで頭がいっぱいです。

最近お気に入りされた写真

  • リビング3
  • 中庭
  • 目透かしの格子がアクセントを付けるキッチン
  • 自然環境にも恵まれた都心部で自身のこだわりをカタチにした家
  • ダイニング

知っておきたい家づくりQ&A

自分らしい家、誰とつくる?