2015年04月18日更新

リフォーム・リノベーション(その他) , 注文住宅(その他)

全てにつながる快適動線!~回遊できる家~

家づくりをする時には、ライフスタイルに合わせて自分や家族にあった快適な動線を考えることが必要です。
動線が良くないと、家事をするのにも無駄な時間がかかってしまったり、住み辛い、使いにくい家と感じてしまいます。
快適な動線をつくる方法の一つとして「回遊できる家」があります。
回遊できる家とはどんなものなのか、回遊できるとどのように快適になるのかを、参考例から見てみましょう。


玄関ホールからパウダールーム、キッチンを回遊できるつくりになっています。
玄関からキッチンへの動線がスムーズだと、買い物をして帰って来た時に便利になります。
キッチンからリビングダイニングもオープンに広々とつながっていますが、床材を変えることにより、くつろぎスペースと家事スペースがきちんと分けられています。

回遊性のある暮らし (リビング・ダイニング)

八人掛けのダイニングテーブルを置こうとすると、かなりスペースが必要になります。
キッチンとテーブルを一体化したことでスペースを無駄なく使うことができ、つながりもアップ。料理提供の際も動きが少なくてすみ、ゲストとの会話も弾みます。

回遊性のある暮らし

階段を中心として回遊できるお家です。
LDKや各部屋は必要最低限の大きさでつくられていますが、階段があることにより目線が広がって狭さを感じさせません。家事をしながら家族の動きが感じられるプランです。

栃木県下野市の新築注文住宅 YM-house

玄関土間からすぐそばにあるキッチンはぐるっと回遊することができます。
買い物は日常のことなので、ここの動線が良いと毎日の煩わしさが減り、買い物もストレスに感じなくなるでしょう。

子供が走り回る家 (主婦に嬉しい、玄関→キッチンへの動線)

食材の片づけもスムーズになりますし、家族が帰宅した時や訪問客にもすぐに気づくことができます。

子供が走り回る家

廊下に面している大きなウォークインクローゼットは、廊下側からも寝室からも入れる動線になっています。朝の支度など、慌ただしい時に便利ですね。

回遊式WICは見た目も使い勝手も上々。スギの香り漂うリノベーション

バルコニーを伸び伸びとつなげたプランです。
洗濯や各部屋の掃除の際も便利ですし、子供も楽しくなるような家族がつながるお家です。

回遊する家(S邸)


この記事を書いた人

SUVACO編集部さん

理想の家づくり・リフォーム・リノベーションを叶えるため、お役立ち情報を日々発信中!

知っておきたい家づくりQ&A

最近お気に入りされた事例写真

  • キッチン2
  • 20畳のリビングダイニング
  • リビング1
  • 中庭に面した駐車場(撮影:中村絵)
  • リビング

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問