2016年03月23日更新

インテリア(照明)

部屋と好みに合った照明選び~夜が楽しみになる暮らし

昼間とは違う顔を見せる夜の部屋。どんな色のどんな素材の照明を選ぶかで、部屋の雰囲気ががらっと変わります。
毎日、照明をONにする時間が楽しみになる、そんな照明を集めてみました。


和の空間には・・・

やわらかく温かみのある光でほっとした雰囲気を。ストレスフルの社会から帰ってきた心も一気に癒され和みます。

A邸 (造園家の家)

ペンダントライトもセンスの良さを感じます。高天井からロー家具に合わせ、低めの位置にさげたシンプルなペンダントライトは、インテリアの邪魔をせず、なおかつ存在感をアピールしています。

障子のある生活 (リビングダイニング)

自由自在に・・・

埋め込み式のダウンライトはシンプルでかっこいいですね。
寒色と暖色の両方を出せるタイプ、明るさを調節できるタイプもあるので、部屋の雰囲気や用途に応じて組み合わせると使い勝手もUPします。簡単に雰囲気も変えられて、その日の気分に合わせた癒しの空間も作れますね。

西小山の家

お気に入りに光を当てて・・・

あなたのお気に入りは何ですか?絵画?子供の作品?手作りの棚?
スポットライトの最大の魅力は、焦点を当てたい場所にピンポイントで光が当てられること。家具や絵画などお気に入りのものの存在感をぐっと引き出せること間違いありません。もちろん、部屋の照明としても使用可能模様替えをしても埋め込み式ではないので、1つ1つの角度を調節してその都度配置に合った照明を作り出してくれます。

Japanese Modren Style

お気に入りのキッチンをスポットライトで演出。毎日のお料理もなんだか楽しくなりそうですね。

A2-house「shell house」 (キッチン)

楽しい食事には・・・

ダイニングテーブルを柔らかく照らしてくれるペンダントライト。ライトをつける夜の食事は、朝とは違う、なごやかで楽しい時間になります。

ファミリーポートレイト

こんなに豪華なシャンデリアなら、優雅でおしゃれな食卓になりますね。子供たちはプリンス・プリンセス気分でお食事のマナーも良くなるかな?

K邸

探せば探すほど、素敵な照明がたくさんあります。ぜひとことんこだわって、お気に入りの空間を手に入れて下さい。


この記事を書いた人

夏楓さん

最近、自宅の一部をリフォームした3児の母です☆自然素材を使って子供にも安心な家になりました。自宅の床の一部をタイルでDIYしたり、気に入った鏡を自分で購入して設置したり、とリフォーム業者さんと相談しながらも自分のカラーを出すようにしました。

最近お気に入りされた事例写真

  • リビングダイニング1
  • リビングと連続するサンルーム
  • 柱を利用したキッチン収納
  • 外観(撮影:布施貴彦)
  • キッチン

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問