2016年06月22日更新

おしゃれな部屋事例(キッチン)

家族との距離を近くしてくれるキッチン

対面キッチンでなくても、後ろ姿しか見えないキッチンでも、キッチンのそばにいると自然と話が弾むもの。
家族との距離が近くなりそうな、そんなコミュニケーションの取りやすいキッチン事例をご紹介します。


コの字型キッチンでゆっくり過ごす時間

ダイニングテーブルも一体となったコの字型キッチン。料理をする姿を見ながら、ゆっくりと過ごすことが出来るような大きなダイニングテーブルです。キッチンのすぐ後ろにあることで、より近くにいるような感覚になりますね。

> この住宅のすべての情報を見る

参加型キッチン!

アイランドカウンターが設置されたキッチンは、オープンスタイルで大人数で料理を楽しむことができます。一緒に料理をすることで、食事の時の会話も弾むことでしょう。

> この住宅のすべての情報を見る

対面式でコミュニケーションをよりとりやすく!

カフェをイメージして作られたおしゃれなキッチンは対面式。カウンター越しに料理中でも顔を見ながら会話することができるので、コミュニケーションがとりやすくなっています。

> この住宅のすべての情報を見る

段差を有効に使う

キッチンが一段低くなっています。座った人との視線の高さの差を減らしてくれることで、圧迫感を減らすことができますね。

> この住宅のすべての情報を見る

安心感が得やすい直線ダイニング

キッチンと一直線にダイニングテーブルを作りました。料理をしている人の姿を近くで見ることができ、小さい子供などは安心感を得ることができますね。

> この住宅のすべての情報を見る

角度をつけるという技

こちらのカウンターはダイニングテーブルと一直線に並んでいますが、わずかに角度が付けられています。そうすうることで、顔を見ながら話しやすくなります。

> この住宅のすべての情報を見る

ゆったりと話すことができる場所

キッチン前にベンチを作りました。カウンターキッチンだと子供には少々危ないこともありますが、壁側にベンチを設け、ほどよくキッチンと距離があるので、火を使いながらも安心して子供達とおしゃべりすることができます。

建築家:桜山建築設計 / 末正 浩一「高台の家」
コミュニケーションをとる場としてのキッチン事例はいかがでしたか?お腹も心も満たしてくれるキッチン。そんな温かみを感じるキッチンで家族との時間をお過ごしください。

専門家紹介サービス

この記事を書いた人

20061123snsmさん

すっきりと、丁寧に。そんな暮らしをめざして、おしゃれで居心地のいい空間を探求中です。

知っておきたい家づくりQ&A

見つかるまで、探せる。
初めてSUVACOを利用する方へ
住まいに関する専門家と
自分らしい家を実現しませんか

連載記事

心地よい暮らしのレシピ

心地よい暮らしのレシピ

「心地いい暮らし」、よく聞くフレーズですが、本来「心地よさ」とは人それぞれにあるものです。では、自分にとっての心地よさとはどうやって見つけたらいいのでしょうか? この連載では、「心地よい暮らし」を実現するために、自宅をセルフリノベーションし、家具などもDIYで作るという、料理研究家の太田みおさんに、「心地よい暮らし」のヒントを教えていただきます。