2015年10月12日更新

おしゃれな部屋事例(リビングダイニング) , おしゃれな部屋事例(子供部屋)

親子をつなぐアイディア空間

親子の距離って子どもが大きくなるにつれて難しくなってきますよね。親子の「良い関係」というのは、子どもの年齢と共に変化していくものなのかもしれません。子どもがある程度大きくなってから急にふれ合いを持とうとしてもそう簡単にはいきません。親子関係のあり方は生まれた時からの積み重ねで決まっていくもの。「もっとふれ合いの時間を持っておけばよかった。」なんて悲しい後悔をしないように、いくつになっても自然な形で親子が繋がれる空間をつくっていきましょう。


親子で汗をながそう!

高い天井を利用して流行のボルタリングができる空間。下からパパが支えてあげたり、お手本を兼ねてパパのかっこいい姿をみせることができます。どんどん高いところに上れるようになる子どもを見て、成長を実感できますね。

『クライミングウォールの家』

親子で知識を高めよう!

子ども部屋に勉強机を置く代わりに、家族の共通スペースに横長の机を設置してみるのはどうですか?パパ・ママはお仕事をして、子どもはそこでお勉強。お互いが頑張る姿を見て高め合うことができます。

富里の家

リビングに登り綱!!

遊び心満載のリビングルーム。男の子でも女の子でもぶらさがって遊びたくなりますね。親も童心に戻って遊んでみれば、リビングに幸せな笑い声が広がるのではないでしょうか。

方形屋根のいえ

親子でゆらゆら

リビングなのにベンチがあったりハンモックがあったり。同じ時間を同じ空間で過ごすことで、会話せずとも繋がりが生まれます。ハンモックの取り合い注意ですね!

ナツミカンの木と家

親子で画家気分

キッチンをぐるりと黒板塗装。お料理中で手が放せない間も、お子さんは黒板で絵を描きながら近くで安全に遊ぶ事ができます。家族みんなで使えて、お子さんが成長しても使える黒板塗装の壁は重宝しますよ。

No.8

親子間のほどよい距離

中庭を中心に部屋が連なる創りのお家。どの部屋からも互いが見通せて、中庭を解して簡単に会話もできます。中庭が家族みんなを繋げる役割を担ってくれるんですね。

鴨川の家

親子でエキサイト!

大きなスクリーンで映画を観たりゲームをしたり、好きなスポーツチームを応援したり、親子で熱くなれるリビングルームです。

T-HOUSE_R


この記事を書いた人

lippon55さん

わんことにゃんこが大好き。家庭菜園も好き。食べる事大好き。そんな万年ダイエッター。

最近お気に入りされた事例写真

  • 赤坂の家 廊下
  • シンプルな製作キッチン
  • リビング・ダイニング&洋室
  • アクセントクロスを採用したトイレ
  • 3階 洗面

知っておきたい家づくりQ&A

その他の住まいの記事カテゴリー一覧

自宅から気軽に質問